♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥黒豆柴 黒豆柴まめすけと理緒の♪あんみつ日記♪ まめすけ♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥

    | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    ペントハウス ☆☆☆

    ●監督●  ブレット・ラトナー

    ●出演● ベン・スティラー、エディ・マーフィ、ケイシー・アフレック、アラン・アルダ、マシュー・ブロデリック、マイケル・ペーニャ、ティア・レオーニ、ガボレイ・シディベ

    ●あらすじ● ニューヨーク・マンハッタンの超高級マンションを舞台に、そこで働く使用人たちが、大富豪の居住者に自分達のなけなしの財産を騙し取られた事で復讐に立ち上がるクライム・コメディ。マンハッタンの一等地にそびえる65階建てのビル “ザ・タワー” は、一握りの成功者だけが住む事のできる超高級マンション。そのセレブな居住者たちの日常生活をサポートするのが管理マネージャーのジョシュ率いる一流スタッフたち。そんなある日、“ザ・タワー” のペントハウスに暮らす大富豪アーサーが、証券詐欺で逮捕されてしまう。しかも、ジョシュはじめスタッフ全員の年金運用を請け負っていたアーサーはその金も横領してしまっていた。そこでジョシュは、アーサーが部屋に隠し持っているといわれる20億円を奪い取るべく、使用人たちによる素人犯罪チームを結成することに。そして、泥棒のスライドを助っ人に招き、難攻不落の“ザ・タワー” 攻略作戦を練り上げていくのだが。

    ●感想● 
    ペントハウス1


    前々から 思っていたが


    ペントハウス2


    ベン・スティラーと 二宮くんは似ている


    ペントハウス3


    意外と存在感の薄かった エディ・マーフィ


    ペントハウス4


    ヤ・バ・い 撃たれる俺


    ペントハウス5


    あららら


    ペントハウス6


    エディ・マーフィより

    よっぽど存在感のあった ガボレイ・シディベ


    ペントハウス7


    太っても顔はそのまま マシュー・ブロデリック


    ペントハウス8


    いつか使ってやろうと思ったセリフは

    司法試験に 3日前に受かったばかりの

    ミス・ヨヴェンコの このセリフ

    ↓ これちゃうでw この 政府と取引する気か? に対しての決め台詞

    ペントハウス9


    "Sharks are born swimming, sir"


    ペントハウス10

    | は行 | 19:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    ヒトラー ~最期の12日間~ ☆☆

    ●監督● オリヴァー・ヒルシュビーゲル

    ●出演● ブルーノ・ガンツ、アレクサンドラ・マリア・ララ、ユリアーネ・ケーラー、トーマス・クレッチマン、コリンナ・ハルフォーフ、ウルリッヒ・マテス、ハイノ・フェルヒ、クリスチャン・ベルケル、ミヒャエル・メンドル

    ●あらすじ● ヒトラーが地下の要塞で過ごした最期の12日間に焦点を当て、彼の個人秘書を務めたトラウドゥル・ユンゲの目を通して歴史的独裁者の知られざる側面を浮き彫りにしていく衝撃の実録ドラマ。
    1942年、トラウドゥル・ユンゲは数人の候補の中からヒトラー総統の個人秘書に抜擢された。1945年4月20日、ベルリン。第二次大戦は佳境を迎え、ドイツ軍は連合軍に追い詰められつつあった。ヒトラーは身内や側近と共に首相官邸の地下要塞へ潜り、ユンゲもあとに続く。そこで彼女は、冷静さを失い狂人化していくヒトラーを目の当たりにするのだった。ベルリン市内も混乱を極め、民兵は武器も持たずに立ち向かい、戦争に参加しない市民は親衛隊に射殺されていく。そして側近たちも次々と逃亡する中、ヒトラーは敗北を認めず最終決戦を決意するが。

    ●感想●
    Der Untergang1


    きつかった…


    Der Untergang2


    久々に 観るのが きつかった


    Der Untergang3


    先に 楽になりやがって…


    Der Untergang4


    総統のワンちゃんも…


    Der Untergang5


    ゲッベルスの子供たちも…


    Der Untergang6


    Der Untergang7


    この人が 好きだった


    Der Untergang8


    ヴァイトリング砲兵大将


    Der Untergang9


    I'd rather be shot than have this honor.

    Der Untergang10


    Der Untergang11


    Der Untergang12


    Der Untergang13


    Der Untergang14


    1945年4月30日、総統は彼に忠誠を誓った人々を残して自殺した。兵士諸君は弾薬が不足しているにも関わらず、また、抵抗が無意味なものになるだろう事実にも関わらず、総統命令によりベルリン防衛のために戦わなければならなかっただろう。私は戦闘の即時停止を命令する。 ~ 前ベルリン防衛地区司令官ヘルムート・ヴァイトリング

    Der Untergang15

    | は行 | 19:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    ビートルズがやって来る/ヤァ!ヤァ!ヤァ! ☆★

    ●監督● リチャード・レスター

    ●出演● ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリソン、リンゴ・スター、ウィルフリッド・ブランベル

    ●あらすじ● ザ・ビートルズの映画初出演作。当時人気の頂点にあった彼らの実生活をベースに脚色。熱狂的なファンに追いかけられるなか、TV出演やライブツアーに目まぐるしく動きまわるビートルズの姿を ドキュメンタリー・タッチに描いた音楽コメディー。

    ●感想●
    ビートルズがやって来る1


    楽曲以外、ほとんど何も知らないビートルズの お茶目な一面が見られて 楽しかった。

    ビートルズがやって来る2


    ただ 映画作品として 真剣に考えた場合 あまり面白いものではなかった。

    ビートルズがやって来る3

    | は行 | 19:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    ボディ・スナッチャー/恐怖の街 ☆☆ 

    ●監督● ドン・シーゲル

    ●出演● ケヴィン・マッカーシー、ダナ・ウィンター、キャロリン・ジョーンズ、ラリー・ゲイツ、キング・ドノヴァン

    ●あらすじ● ある日、病院に1人の男が錯乱状態で搬送されて来た。その男マイルズは医師に対し、自分が遭遇したという奇妙な出来事を語り始める。カリフォルニア州のとある小さな町で開業医を営んでいるマイルズは、学会から数週間ぶりに帰ってきた時、町の様子に違和感を覚える。一見いつもと変わらない町の人々の様子が、まるで人が変わってしまったかのように、どこかおかしいのだ。調査を進めたマイルズは、やがて戦慄の事実を知る。町は宇宙から来た未知の生命体によって侵略されており、人々はそれに肉体を乗っ取られてしまっていたのだ。マイルズはこの戦慄の事実を全世界に知らせるべく、恋人のベッキーと共に町からの脱出に奔走する

    ●感想●
    ボディ・スナッチャー1


    豆サヤ人間は モノクロなので


    ボディ・スナッチャー2


    何が何だか よく判別できず


    ボディ・スナッチャー3


    イマイチ 怖さが伝わらない


    ボディ・スナッチャー4


    それよか やっぱり


    ボディ・スナッチャー5


    愛する人が 睡魔に負け

    ※ 眠ってしまったら最後、豆サヤ人間になってしまう

    ボディ・スナッチャー6


    キスしたら そこに彼女の心はなく


    ボディ・スナッチャー7


    豆サヤ人間になったんだなと


    ボディ・スナッチャー8


    わかってしまうところ


    ボディ・スナッチャー9


    豆サヤ☆ベッキー


    ボディ・スナッチャー10


    ひぃぃぃぃぃぃぃっ!


    ボディ・スナッチャー11

    | は行 | 19:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    パフューム ある人殺しの物語 ☆☆☆☆

    ●監督● トム・ティクヴァ脚本音楽

    ●出演● ベン・ウィショー、ダスティン・ホフマン、アラン・リックマン、レイチェル・ハード=ウッド、カロリーネ・ヘアフルト

    ●あらすじ● パトリック・ジュースキントの禁断のベストセラー 『香水 ある人殺しの物語』 を映画化した 衝撃のサスペンス・ドラマ。ある “香り” にとりつかれた一人の青年が、その香りを追い求めるあまり、恐るべき凶行へと駆り立てられていくさまを 緻密かつ緊張感みなぎる映像で綴る。

    ●感想● 
    ある人殺しの物語1


    おぞましく 美しく


    ある人殺しの物語2


    そして悲しい 空虚な物語


    ある人殺しの物語3


    最初の殺人は 許せる上に美しいとすら感じ

    次からは許せなく おぞましく思う不思議


    ある人殺しの物語4


    そして 究極の力を 手に入れても


    ある人殺しの物語5


    決して満たされず 消えてゆく虚しさ


    ある人殺しの物語6


    まぁ その究極で禁断の香水も


    ある人殺しの物語7


    クリリンには 効かないけどなっ!


    ある人殺しの物語8

    | は行 | 19:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    パシフィック・リム ☆☆☆☆

    ●監督● ギレルモ・デル・トロ脚本

    ●出演● チャーリー・ハナム、イドリス・エルバ、菊地凛子、チャーリー・デイ、ロブ・カジンスキー、マックス・マーティーニ、 芦田愛菜、ロン・パールマン、バーン・ゴーマン、ディエゴ・クラテンホフ

    ●あらすじ● ある日、太平洋の深海から突如巨大な生命体が出現した。“KAIJU” と名付けられた彼らは、大都市を次々と襲撃して容赦ない破壊を繰り返し、人類は滅亡の危機を迎える。そこで人類は世界中の英知を結集し、人型巨大兵器 “イェーガー” を開発する。その操縦は2人のパイロットによって行われるが、イェーガーの能力を引き出すためには、パイロット同士の心を高い次元でシンクロさせる必要があった。当初は優勢を誇ったイェーガーだったが、出現するたびにパワーを増していく KAIJUたちの前に次第に苦戦を強いられていく。そんな中、かつてKAIJU とのバトルで兄を失い、失意のうちに戦線を離脱した名パイロット、ローリーが復帰を決意する。彼が乗る旧式イェーガー “ジプシー・デンジャー” の修復に当たるのは日本人研究者の森マコ。幼い頃にKAIJU に家族を殺された悲しい記憶に苦しめられていた。やがて彼女はローリーとの相性を買われ、ジプシー・デンジャーのパイロットに大抜擢されるのだったが…。

    ●感想● 
    PacificRim1.jpg


    怪獣も ロボットアニメも 普通に好きなだけ。特に思い入れもないし、始まって早々一気に流される 説明の映像と音声の洪水に飲み込まれそうになり 『こりゃ あかんわ・・・、ついていかれへん』 と 諦めモードに突入したのだが・・・

    いや~、面白かったの何のって!

    やっぱり凄いぞ デルトロ!

    PacificRim2.jpg


    しっかし 菊地凛子は・・・


    PacificRim4.jpg


    上原に そっくりだー!

    マコちゃん出てくる度に 上原 上原と思ってしまうw

    PacificRim3.jpg


    Where is my goddamn shoe!?

    俺の靴は どこ行った!?


    PacificRim5.png

    | は行 | 19:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    ヒッチコック ☆☆☆★

    ●監督● サーシャ・ガヴァシ

    ●出演● アンソニー・ホプキンス、ヘレン・ミレン、スカーレット・ヨハンソン、トニ・コレット、ダニー・ヒューストン、ジェシカ・ビール、マイケル・スタールバーグ、ジェームズ・ダーシー、マイケル・ウィンコット、ラルフ・マッチオ

    ●あらすじ● 巨匠アルフレッド・ヒッチコック監督によるスリラー映画の金字塔 「サイコ」 の波乱に富んだ誕生秘話を 名優アンソニー・ホプキンスとヘレン・ミレンの共演で再現した伝記ドラマ。困難を極めた製作の舞台裏を、監督である夫を影で叱咤し支え続けた妻アルマとの知られざる夫婦の愛憎物語を軸に描き出す。
     1959年。新作 「北北西に進路を取れ」 が評判となる中、さっそく次回作へ向け誰もが驚く映画の企画探しを開始したヒッチコック。やがて、実在の殺人鬼エド・ゲインをモデルにした小説 『サイコ』 に心奪われ、映画化を決意する。しかし、優秀な映画編集者にして脚本家でもある妻アルマはこの企画に懐疑的。案の定、その陰惨な内容に映画会社は二の足を踏み、出資を拒否する。それでも諦めないヒッチコックは、ついに自宅を担保に自己資金での製作に乗り出す。そんな夫の熱意の前に、アルマもこれまで同様のサポートをしていくが…。

    ●感想● 
    ヒッチコック1


    ヘレン・ミレン 良かった!

    タイトル 『アルマ』 でもいいと思うが、それじゃ あかんのかな インパクトないもんな・・・
    あと トニ・コレットも渋かったわ

    ヒッチコック2


    ベスト・キッド!!!


    ヒッチコック3


    彼の初登場シーンで 震えた


    ヒッチコック4


    そこに アンソニー・パーキンスがいた・・・


    ヒッチコック5


    アンソニー・ホプキンスが ヒッチコックに どれだけ成りきったかとか スカヨハがやっぱ綺麗で良かったとか もう そんな事吹っ飛ぶくらい凄かった。一瞬 本人かと思ったくらいw あの おどおどしたところ、曖昧な笑み オーラ・・・ そこに アンソニー・パーキンスがいた

    ヒッチコック6


    このシーンで 胸が熱くなった

    いつか 動画が削除されてしまった時に備えて・・・ シャワーシーンの観客の反応 それを覗くヒッチコックの歓喜




    しかし このシーンを観た事を

    この先ずっと 後悔し続けるであろう

    何故なら この先 大好きなサイコを観て シャワーシーンになり あの キィ!キィ!キィ!キィ!のまさにその時 必ずや アンソニー・ホプキンスのマエストロぶりが フラッシュバックするに違いないから。2度と サイコの世界に のめり込めない気がする(涙)

    ヒッチコック7

    | は行 | 19:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    ボーダー ☆★

    ●監督● ジョン・アヴネット製作

    ●出演● ロバート・デ・ニーロ、アル・パチーノ、カーティス・ジャクソン、カーラ・グギーノ、ジョン・レグイザモ、ドニー・ウォールバーグ

    ●あらすじ● 互いに尊敬しあい、強い絆で結ばれたタークとルースターは長年パートナーを務めてきたNY市警のベテラン刑事。正義感ゆえに熱くなりがちなタークと冷静沈着なルースターの名コンビで、幾多の悪党たちを刑務所送りにしてきた。それでもなお、多くの重犯罪者たちが法律を盾に警察の追及をかわし、のうのうと暮らしていた。ところが、そんな悪人ばかりを狙った連続殺人事件が発生、容疑者が警察関係者である可能性が高まる中、やがてタークに疑いの目が向けられていくが…。

    ●感想●
    ボーダー

    デニーロが犯人でっせ! と しつこく告白ビデオ画像みたいなのを挿入するが、んな訳ねーだろ! パチーノだろ! 大体 デニーロはポエムって柄じゃないだろ! って事でバレバレ。
    だって 冒頭に 『デニーロ=草野球の判定でカッカ!の直感肉体派』 『パチーノ=チェスで冷静頭脳派』 ですよシーンがあったからさ。もうちょっと騙して欲しかったなぁ(´・_・`)

    | は行 | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    フィクサー ☆☆☆

    ●監督● トニー・ギルロイ脚本

    ●出演● ジョージ・クルーニー製作総指揮、トム・ウィルキンソン、ティルダ・スウィントン、シドニー・ポラック製作、マイケル・オキーフ

    ●あらすじ● ニューヨークの大手法律事務所ケナー・バック & レディーンに所属するマイケル・クレイトン。公に出来ない案件を裏で穏便に処理する “フィクサー” を長年務めている彼は、かつての弁護士職に戻るタイミングを失い、問題山積の私生活でも、ついには従兄弟が抱えた8万ドルにも及ぶ借金を肩代わりする羽目に陥っていた。そんな中、巨大農薬会社U・ノース社に対する3000億円の集団訴訟でU・ノース社の弁護を担当していた同僚のトップ弁護士アーサーが、原告との大詰めの協議の最中、突然服を脱ぎ出すという奇行に出てクライアントを困惑させてしまう。そこで上司から事態の収拾を任されたマイケルだったが、やがてアーサーがU・ノースを敗北に導く決定的証拠を掴んでいることを知ってしまう。

    ●感想●
    フィクサー1


    冒頭しばらく よく展開が わからず

    は? ってな感じが 無きにしも非ずだけど

    特に 何で唐突に馬やねんってな

    フィクサー2


    段々じわじわ 面白くなってゆく


    フィクサー3


    馬の挿絵には 少なからず ゾクッとした

    唐突に馬は 唐突に馬だから 命を救う

    フィクサー4


    アーサー・イーデンスは

    躁鬱でイカレてるけど イカレてない


    フィクサー5


    マイケル息子との

    電話の会話が甦り 泣けてきます


    フィクサー6


    息: They all think it's just them.That maybe they're, like, going crazy or something, so they don't wanna admit it.(頭がイカレてると思われたくなくて 誰にも言わないんだ)

    ア: Yeah, but they're not crazy, are they?(でも イカレてない?)

    息: No. It's real. It's really happening.(そうだよ 本当の出来事)

    ア: Yeah, it is happening, isn't it? Something larger than themselves and they're not ready, are they......to hear it?(そうとも 本当の出来事だよ とても重大な出来事 彼らは それを受け入れる?)

    息: Yeah. But later they will.(後半でね)

    中略

    ア: No. Wait, wait. The book.I need the book. The title.(待って、その本の題を教えて) 

    息: The book is Realm and Conquest.(王国と征服)

    ア: Realm and Conquest.(王国と征服)

    息: It's Book One, with the red cover.I gotta go. Tell my dad I called. Okay?(第一巻 赤い表紙 切るね パパによろしく)

    ア: Yeah. Yeah. Thank... Thank... Thank...Thank you, Henry, thank you.Realm and Conquest. Thank you.(分かったよ ありがとうヘンリー 王国と征服…ありがとう)

    フィクサー7


    フランスパンは 買い過ぎやけどな!


    フィクサー8

    | は行 | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    ファントム・オブ・パラダイス ☆☆☆☆

    ●監督● ブライアン・デ・パルマ脚本

    ●出演● ポール・ウィリアムズ音楽、ウィリアム・フィンレイ、ジェシカ・ハーパー、ジョージ・メモリー、ゲリット・グレアム

    ●あらすじ● 幾度と無く映画化されている 『オペラの怪人』 をロック・ミュージカルとして縦横無尽に翻案したデ・パルマの傑作。自分の曲を盗作された上に無実の罪まで着せられた青年音楽家ウィンスロー。刑務所を脱走した彼は、レコードのプレス工場に忍び込んだ時、機械で顔半分を押しつぶされてしまう。仮面で顔を隠した彼は、恋する女性のために、劇場の屋根裏で作曲を続けるが…。復讐を望んでいながら、その純粋な心ゆえに 再び騙されてしまう青年を描いた怪奇ロマン。

    ●感想● 
    ファントム・オブ・パラダイス1


    これが 真の

    ブライアン・デ・パルマだったのね!


    ファントム・オブ・パラダイス2


    ウィンスロー


    ファントム・オブ・パラダイス3


    どこが 美少年やねん

    スワン


    ファントム・オブ・パラダイス4


    ウィンスロー ファントムになる


    ファントム・オブ・パラダイス5


    マスクの上から ヘッドホン


    ファントム・オブ・パラダイス6


    骨伝導じゃ


    ファントム・オブ・パラダイス7


    騙されるなよ おい;;


    ファントム・オブ・パラダイス8


    面白かったビーフ


    ファントム・オブ・パラダイス9


    牛肉


    ファントム・オブ・パラダイス10


    歌ってる場合じゃないよ 後ろ 来てるよ!


    ファントム・オブ・パラダイス11


    軽んじられてるが 実力者


    ファントム・オブ・パラダイス12


    ジューシー・フルーツ


    ファントム・オブ・パラダイス13


    アンデッドに変化は 凄かった


    ファントム・オブ・パラダイス14


    牛肉 串刺し感電死


    ファントム・オブ・パラダイス15


    憎き マモー と 愛する女との抱擁を


    ファントム・オブ・パラダイス16


    天窓から 泣きながら覗く

    ここで 刺したのにあれ?とか思ってたら

    ファントム・オブ・パラダイス17


    まさかの ドリアン・グレイかよ!


    ファントム・オブ・パラダイス18


    だから 美少年なのかい?


    ファントム・オブ・パラダイス19


    ってか もう 悪因悪果 阿鼻叫喚


    ファントム・オブ・パラダイス20


    魑魅魍魎 怒髪衝天


    ファントム・オブ・パラダイス21


    フェニックスーーーーー!


    ファントム・オブ・パラダイス22


    ウィンスローーーーー!


    ファントム・オブ・パラダイス23


    落花流水 一件落着

    by.デパルマ

    ファントム・オブ・パラダイス24

    | は行 | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    ハンガー・ゲーム2 ☆★

    ●監督● フランシス・ローレンス

    ●出演● ジェニファー・ローレンス、ジョシュ・ハッチャーソン、リアム・ヘムズワース、ウディ・ハレルソン、 エリザベス・バンクス、レニー・クラヴィッツ、フィリップ・シーモア・ホフマン、ジェフリー・ライト、スタンリー・トゥッチ、ドナルド・サザーランド

    ●あらすじ● 第74回 “ハンガー・ゲーム” で奇跡の優勝を遂げ、無事に故郷の第12地区に凱旋を果たした “炎の少女” カットニス。そんな彼女を待っていたのは、民衆の熱狂的な歓迎だった。圧政に苦しむ彼らは、カットニスの戦いに勇気を得て、政府に対する反乱の機運がかつてないほどに高まっていた。しかし、独裁者のスノー大統領はこの状況にただ手をこまねいてはいなかった。カットニスを抹殺するため、彼はある秘策を用意する。それは、次回の第75回記念大会に歴代優勝者24名による史上初の “グランドチャンピオン・バトル” を開催するというものだった。こうして、自らの意に反して再び戦いの場へと引きずり出されてしまったカットニスは、もう一度生きて還るため、百戦錬磨の最強チャンピオンたちに立ち向かっていくのだったが…。

    ●感想● 
    ハンガー・ゲーム21


    チャンピオン大会って アタック25でも高レベルな戦いになる訳で 当然 その戦いぶりがメインだと 激しく勘違い。従って 『何なんだ! この殺し合いゲームでなく いかに運営が仕掛けた罠から逃げ回ろうゲームは!』 と思ってたら・・・


    ハンガー・ゲーム22


    そうやったん! 全然気付かんかったわ

    今から面白くなるやん!ってとこで終了

    次回作に期待

    ハンガー・ゲーム24

    | は行 | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    ファミリー・ツリー ☆☆☆

    ●監督● アレクサンダー・ペイン製作脚本監督

    ●出演● ジョージ・クルーニー、シェイリーン・ウッドリー、アマラ・ミラー、ニック・クラウス、ボー・ブリッジス、ロバート・フォスター、ジュディ・グリア

    ●あらすじ● オアフ島に暮らす弁護士のマット・キング。彼の一族はカメハメハ大王の末裔で、カウアイ島に先祖から受け継いだ広大な原野を所有していた。目下、その土地の売却問題で一族の意見をまとめる大役に頭を痛めていた。そんな中、妻のエリザベスがボート事故で意識不明の昏睡状態に陥ってしまう。家庭のことを妻に任せきりだったマットは、10歳になる次女スコッティの反抗的な振る舞いにも ただ戸惑うばかり。追い打ちを掛けるように、全寮制の高校に通う長女アレックスから “ママは浮気していた” という思いもよらぬ事実を突きつけられ、ショックと怒りを隠せないマットだったが…。

    ●感想●
    ファミリー・ツリー1


    ジョージ・クルーニーのパパ?と思うくらい似てるが 妻のパパ

    ファミリー・ツリー2


    ニック・クラウス演じる 娘の彼氏シド。最初から いけ好かなく、おばあちゃんの認知症のところで笑った日にゃ あかんコイツ最低 到底我慢できないわ!って思ったんだけど、段々段々 ずーーーーっと当たり前のように一緒にいるシドが いてくれるからこそ救われてる この家族って場面が さりげなく配置されてて 心地良かった(笑)

    ファミリー・ツリー3


    ハワイの海苔巻き 具はトロピカルフィッシュかな^^

    ファミリー・ツリー4

    | は行 | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    ブロンド・ライフ ☆☆

    ●監督● スティーヴン・ヘレク

    ●出演● アンジェリーナ・ジョリー、エドワード・バーンズ、トニー・シャルーブ、クリスチャン・ケイン

    ●あらすじ● アメリカ・シアトル。ローカル局の人気レポーター、レイニーは、豪華なマンションに住み、大リーグ・マリナーズのスター選手を恋人に持つ自他共に認める人生の成功者。そんなレイニーにさらなるチャンスが巡ってきた。ニューヨークの大手テレビ局の新番組に抜擢されるかもしれないというのだ。条件は、同局からやってきたエース・カメラマンと組んでさらに技術を磨くこと。ところが、やってきたのはなんとレニーの昔の恋人ピートだった。仕事と割り切り、一緒に街へ取材に向かうレイニー。彼女はそこで自称予言者のホームレスにマイクを向けた。男はいくつかの予言を口にしたあと、レイニーに向かって“あなたは一週間後に死ぬ”と云うのだった。最初はまったく取り合わないレイニーだったが…。

    ●感想●
    ブロンド・ライフ1


    このアタマに慣れるのに 少々時間かかった


    ブロンド・ライフ2


    ひとこと言いたいのは 大リーガーの彼は いい人やなって事。全然悪くないぞー!

    ブロンド・ライフ3


    ストーンズのSatisfaction場面がなかったら


    ブロンド・ライフ4


    それこそ理緒が この映画に

    I can't get no, I can't get no! 


    ブロンド・ライフ5

    | は行 | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    プロフェッショナル ☆☆★

    ●監督● リチャード・ブルックス製作脚本

    ●出演● バート・ランカスター、リー・マーヴィン、ロバート・ライアン、ウディ・ストロード、ジャック・パランス

    ●あらすじ● 1917年、メキシコ革命の最中。テキサス油田の持ち主グラントは、妻マリアを革命派のリーダー・ラザに誘拐され、多額の身代金を要求される。グラントは妻を奪い返すため、戦いのエキスパートを雇うことを決断する。集まったのはリーダーで射撃の名手のリコ、馬の専門家ハンス、追跡と狩猟を得意としナイフと弓矢の扱いに長けたジェイク、そしてダイナマイトのスペシャリスト、ビルの4人。彼らはさっそく、マリアが連れ去られた革命軍のアジトを目指して出発するのだったが…。

    ●感想●
    The Professionals1


    ひょー! カッコいい!

    バート・ランカスター リー・マーヴィン ロバート・ライアン ウディ・ストロード

    The Professionals2


    Rico : Certain women have a way of changing boys into men and some men back into boys.
    リコ : 少年を男にする女もいれば 男を少年に戻す女もいる

    The Professionals3


    Jesus Raza : To die for money... is foolish.
    ラザ : 金の為に死ぬのは 愚かだ
    Bill Dolworth : To die for a woman is *more* foolish.
    ビル : 女の為に死ぬのは もっと愚かだ

    The Professionals4

    | は行 | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    ハンコック ☆☆★

    ●監督● ピーター・バーグ

    ●出演● ウィル・スミス、シャーリーズ・セロン、ジェイソン・ベイトマン、エディ・マーサン、ジェイ・ヘッド

    ●あらすじ● ウィル・スミスがトラブル・メーカーのヒーローに扮したアクション・コメディ。空を飛び並外れたパワーで様々な事態を解決、人々に尊敬されるはずが、その粗暴な解決過程と言動で嫌われ者となっているスーパーヒーローの成長と活躍を描く。ロサンゼルスに暮らす酒浸りの自堕落な男ハンコックは、実は不死身で空も飛べ、しかも驚異的なスーパー・パワーの持ち主。その類い希な能力を使い、事件が起きれば すぐさま現場に駆けつけて解決してくれるが、事件の度に周囲へ大損害を与える乱暴なやり方と 何一つ反省しないぶっきらぼうな態度が災いし、人々から非難されてばかり。そんなある日、踏切内で身動きがとれなくなり 列車に轢かれそうになった1台の車をいつもの強引さで救う。その車を運転していたPR会社勤務のレイにとって命の恩人となったハンコックはやがて、彼から正義のヒーローとしてのイメージ・アップ計画を持ちかけられるのだが…。

    ●感想●
    HANCOCK1.jpg


    ジョン・ハンコック


    HANCOCK3.jpeg


    1776年7月4日 独立宣言に署名した唯一の人であるから

    署名の代名詞

    記憶喪失で自分の名前もわからなかった ウィル・スミスが ジョン・ハンコックと書いておけ(=署名しろの意) ・・・と言われ それを自分の名前と思った。日本で言えば そこにシャチハタ押せと言われて アイアム シャチハタと 思うようなもの

    HANCOCK4.jpg


    この場面あたりまでは 面白かったのに

    嫌われ者のハンコックが レイと出会い、ヒーローになるべく刑務所に入り 大きな銀行強盗事件で呼び出されて 片付けるまで

    HANCOCK2.jpg


    後半 脚本破綻

    初めて レイの家に行った時のメアリーの様子で 元カノ? と思ったけどさぁ・・・

    HANCOCK5.jpg


    ってか 元カノでも 不死身鉄肌女でもいいけど、ぬぐいきれない違和感が。

    2人一組で創られていて 惹かれ合い どんなに離れていてもお互いを見つける。そして寄り添うと 力を失う。人間として 普通に生き、愛し、一緒に老い 死ぬ為に。

    HANCOCK6.jpg


    おおっ! 何て素晴らしい設定だと興奮したのも束の間・・・、何か おかしくない? 80年前、映画観た後に 暴漢に襲われ頭を強打したハンコックが 病院で目覚めたら記憶をなくしていた。メアリーは 彼を愛するが故に 黙って去った。2人が離れれば またパワーは戻り 不死身でいられるから。彼に生きていて欲しい、記憶がなくなったのは これ幸い、彼は 自分を探すことなく、永遠にパワーを保持しながら世界を救える・・・って事なんだと思うけど、じゃ なぜ たった80年で レイを愛したのだろうか。「たった」 って言うのは 彼らは紀元前に創られているから。メアリーは記憶をなくしてないんだから ハンコックを愛してしまう宿命から 逃れられないはずだし、自分で運命は変えられるって言ってたから それを実践する為に まずは形からって事で レイとアーロンに目を付けた? その形から入った「家族」 が 本物になっていったとして、レイもアーロンも年を取るのに 自分は不死身 一体どうするつもりだったのか。なぜ レイの妻という形にしたのだろう。これが 一人で暮らしていたのなら 違和感がなかったのに。

    ってか 注射針も刺さらない鉄肌なのに

    レイはSEXしてて気付かなかったんかい!

    これが言いたかったw

    HANCOCK7.jpg

    | は行 | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    | PAGE-SELECT | NEXT