♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥黒豆柴 黒豆柴まめすけと理緒の♪あんみつ日記♪ まめすけ♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥

    | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    リンカーン ☆☆

    ●監督●  スティーヴン・スピルバーグ製作

    ●出演● ダニエル・デイ=ルイス、サリー・フィールド、デヴィッド・ストラザーン、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ジェームズ・スペイダー、ハル・ホルブルック、トミー・リー・ジョーンズ

    ●あらすじ● 南北戦争末期。国を二分した激しい戦いは既に4年目に入り、戦況は北軍に傾きつつあったが、いまだ多くの若者の血が流れ続けていた。再選を果たし、任期2期目を迎えた大統領エイブラハム・リンカーンは、奴隷制度の撤廃を定めた合衆国憲法修正第13条の成立に向け、いよいよ本格的な多数派工作に乗り出す。しかし修正案の成立にこだわれば、戦争の終結は先延ばししなければならなくなってしまう。一方家庭でも、子どもの死などで 心に傷を抱える妻メアリーとの口論は絶えず、正義感あふれる長男ロバートの北軍入隊を、自らの願いとは裏腹に黙って見届けることしかできない歯がゆさにも苦悩を深めていく。そんな中、あらゆる手を尽くして反対派議員の切り崩しに奔走するリンカーンだったが…。

    ●感想●
    リンカーン1


    ダニエル・デイ=ルイスのリンカーンも、トミー・リー・ジョーンズのスティーブンスも 本人かと見間違うほど。

    リンカーン2


    1番感動したのは スティーブンスの議会での発言。
    I don't hold with equality in all things, just equality before the law, nothing more. 私が信じるのは 法の下での平等だ

    もうこのセリフが出る前から 鼻がツーンとしてきた。そして 聞いた瞬間 よく言った! コンパスが真北を指しても それだけじゃあかんもんな 信念とは違う言葉を吐き出す事は どれだけ辛かろうか察するに余りあると 泣けました。

    リンカーン3


    コルファックス議長も 可愛かったね(笑)


    Edward McPherson: Roll call concludes. Voting is completed. Now—
    エドワード・マクファーソン(書記官): 名簿は以上です 採決が終わりました では…

    Schuyler Colfax: Mr. Clerk? Please call my name. I want to cast a vote.
    コルファックス議長: 書記官 私の名前も読んで欲しい 私も票を投じたい 
    ※ 書記官が議員の名を呼び、呼ばれた議員は各々その場で 賛成か反対かを述べる

    George Pendleton: I object! The Speaker doesn't vote.
    ジョージ・ペンドルトン(奴隷制賛成派議員): 意義あり! 議長は投票しないものだ

    Schuyler Colfax: The Speaker may vote if he so chooses.
    コルファックス議長: 望めば 投票できる

    George Pendleton: It is highly unusual, sir.
    ジョージ・ペンドルトン: 普通は有り得ない

    Schuyler Colfax: This isn't usual, Mr. Pendleton. This is history.
    コルファックス議長: 普通とは違う 歴史的な採択だ

    Edward McPherson: How does Mr. Schuyler Colfax vote?
    書記官: では コルファックス君

    Schuyler Colfax: Aye, of course.
    コルファックス議長: 賛成だよ もちろん!

    リンカーン4

    | や行~ん | 19:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    ワールド・ウォーZ ☆☆☆☆

    ●監督●  マーク・フォースター

    ●出演● ブラッド・ピット製作、ミレイユ・イーノス、ジェームズ・バッジ・デール、ダニエラ・ケルテス、デヴィッド・モース、ルディ・ボーケン、ファナ・モコエナ、アビゲイル・ハーグローヴ、スターリング・ジェリンズ

    ●あらすじ● 謎の疫病の発生を契機とした人類とゾンビの全面戦争の顛末を綴った マックス・ブルックスの世界的ベストセラーを ブラッド・ピット主演で実写映画化したパニック・アクション超大作。
    妻と2人の娘と平穏な日々を送っていた元国連捜査官のジェリー。ある日、家族を乗せた車で渋滞にはまった彼は、謎のウイルス感染によって凶暴なゾンビが瞬く間に増殖する現場に遭遇してしまう。そして必死で家族を守り、間一髪で逃げ延びたジェリーのもとに、現場復帰の要請が入る。いまや謎のウイルスの爆発的な感染拡大で、全世界が崩壊しようとしていた。そこで、かつて伝染病の調査や紛争地域での調停に手腕を発揮してきた彼に、調査隊への協力が求められたのだった。愛する家族の安全と引き換えに、調査への同行を決意したジェリーは、米軍とともに、混乱が拡がる世界各地の感染地域へと向かうのだったが…。

    ●感想●
    ワールド・ウォーZ1


    最後に観た ブラピの映画は マネーボール ☆☆☆☆★。その前が ツリー・オブ・ライフ ☆★。おバカ映画は バーン・アフター・リーディングで最後かと思ってた。だから 今更まさかのゾンビ映画かよ!って ぶっ飛んだ。おまけに 理緒の嫌いな 走るゾンビ やし!

    ところがっ! めっちゃ面白かった! 

    ワールド・ウォーZ2


    やっぱ凄かったのは この場面

    鑑賞後のネット検索で、この場面が 予告編で使われている事を知った。なんてこったい!
    やっぱ映画なんて 絶対 何も知らないマッサラな状態で観るべきだ。理緒なんか この映画 タイトルすら聞いたことなかった。

    ワールド・ウォーZ3


    機内でドヤ顔で持論を展開していたウィルス学者君転倒銃暴発死亡と同じくらい心に残ったのは 北朝鮮が感染防止の為に24時間以内に全国民のアレを **********ピー音 した事かな(爆) で、それをブラピに伝えたのが

    大好きな デヴィッド・モース!


    ワールド・ウォーZ4


    この人の出ている作品は 好きなものばかり。

    珠玉なのは 「ザ・ロック」 のバクスター少佐


    ワールド・ウォーZ5

    It has been the greatest honor of my life to serve with you, General.

    | や行~ん | 19:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    ルパン三世 ☆★

    ●監督● 北村龍平

    ●出演● 小栗旬、玉山鉄二、綾野剛、黒木メイサ、浅野忠信、ジェリー・イェン、キム・ジュン

    ●あらすじ● 古代ローマの時代、世界でもっとも美しいジュエリーと呼ばれた “クリムゾン・ハート”。それは現在、“光の首飾り” と “真紅のルビー” に分けられ、それぞれアルセーヌ・ルパンの相棒として名を馳せた老盗賊ドーソンとアジアの闇社会を牛耳るMr.プラムックの所有物となっていた。互いに相手の秘宝を狙い合う2人だったが、ついにMr.プラムックがドーソンの暗殺に成功し、首飾りも手に入れ “クリムゾン・ハート” が復活する。そこでドーソンの仇をとるべく、秘宝の奪還に乗り出すルパン三世だったが…。

    ●感想●
    ルパン三世1


    実写どうこうは 置いといて


    ルパン三世2


    とりあえず 仲間いっぱい要らんやろ


    ルパン三世3


    最後 突然出てくるコイツ 一体誰やねん!


    ルパン三世4

    | や行~ん | 19:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    ルパン三世 イタリアン・ゲーム ☆★

    ●監督● 矢野雄一郎演出絵コンテ

    ●出演●  栗田貫一(声)、小林清志(声)、浪川大輔(声)、沢城みゆき(声)、山寺宏一(声)、藤井ゆきよ(声)

    ●あらすじ● カリオストロ伯爵が遺した “お宝” を巡り、ルパン一味と仮面伯爵のバトルが始まる。

    ●感想● 
    イタリアンゲーム1


    髪の色が


    イタリアンゲーム2


    ふなっしー みたいw


    イタリアンゲーム3

    | や行~ん | 19:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 ☆☆☆★

    ●監督● アン・リー製作

    ●出演● スラージ・シャルマ、イルファン・カーン、アディル・フセイン、 タブー、レイフ・スポール、ジェラール・ドパルデュー

    ●あらすじ● 1960年代初めのインド ポンディシェリで生まれた少年パイ・パテルは、父が経営する動物園で動物たちと触れ合いながら育つ。ところが、パイが16歳になった年、人生が一転する。両親がカナダ モントリオールに移住することを決め、家族と動物たちは貨物船でカナダへ向かうのだが、太平洋のど真ん中で突然の嵐に見舞われ沈没してしまう。たった一人、救命ボートにしがみつき一命を取り留めたパイ。しかし、そのボートにはリチャード・パーカーと名付けられた凶暴なベンガルトラが身を潜めていたのだった……。小さなボートと僅かな非常食、そして一頭のトラ。果たしてトラは少年の命を奪うのか、それとも希望を与えるのか? かくしてパイと一頭のトラとの227日にも及ぶ想像を絶する漂流生活が始まった。

    ●感想● 
    ライフ・オブ・パイ1


    少年がトラと漂流する映画・・・としか知らずに鑑賞。
    困苦を共にし 友情が育まれるのかと勝手に予測していた。

    ライフ・オブ・パイ2


    だから最初の方の この場面でも、トラが一歩一歩近付いてくるその時、ふむふむ トラとの奇妙な縁は ここから既に始まっていたのね、 

    ライフ・オブ・パイ3


    トラは 差し出した肉だけを食べ 腕を噛まないのね等思っていたら、その数秒後には 全く違う展開に・・・

    ライフ・オブ・パイ4


    When you look into an animal's eyes, you are seeing your own emotions reflected back at you, and nothing else.

    お前はトラの目に映る 自分の心を見ただけだ

    ライフ・オブ・パイ5


    この物語の 肝要な部分は全て、一見退屈にも思える漂流までのシーンに 全て詰め込まれていた

    ライフ・オブ・パイ6

    | や行~ん | 19:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    ワルキューレ ☆☆☆★

    ●監督● ブライアン・シンガー製作

    ●出演● トム・クルーズ、ケネス・ブラナー、ビル・ナイ、トム・ウィルキンソン、カリス・ファン・ハウテン、トーマス・クレッチマン、テレンス・スタンプ、エディ・イザード、ジェイミー・パーカー

    ●あらすじ● ワルキューレ それは、北欧神話に登場し 「戦死者を選ぶ者」 の意味を持つ女神たち。ドイツの作曲家、リヒャルト・ワーグナーの代表曲 『ワルキューレ』 は、この神話をモチーフに作られた楽劇だ。ワーグナーをこよなく愛したナチス・ドイツの総統アドルフ・ヒトラーは、国内のクーデターに備えた危機管理オペレーションを <ワルキューレ作戦> と名付けていた。
    連合軍との死闘によって、ドイツの敗色が濃くなった第二次世界大戦末期。ドイツ人将校クラウス・フォン・シュタウフェンベルクは、絶対の忠誠を誓うべきヒトラーの思想や政策に強い疑念を抱き、ドイツの未来を憂うが故に反逆者となることを決意する。シュタウフェンベルクの計画は、ヒトラーを抹殺するだけでなく、その混乱に乗じて一気にナチス政権の転覆までも成し遂げること。ヒトラーの危機管理オペレーション <ワルキューレ作戦> を巧みに利用し、冷酷非情な独裁者をこの世から葬り去るという大胆極まりないものだった。
    自ら暗殺の実行者となったシュタウフェンベルクは、運命の1944年7月20日を迎える。総統大本営 <狼の巣> 爆破計画。爆弾の作動から脱出まで、与えられた時間はわずか10分。一線を越えたミッション、女神 <ワルキューレ> は果たして誰に微笑むのか。

    ●感想●

    結果が わかってるのに ドキドキした


    ワルキューレ1


    ・・・ってか ランチに行ってる場合かー!


    ワルキューレ2


    怒る クイルンハイム大佐


    ワルキューレ3


    うっっっっっ! オルブリヒト大将

    だって ヒトラーは本当に死んだの? 生きてたらどうするの? わし悩むよ

    ワルキューレ4


    ウルウル場面 第3位


    ワルキューレ5


    ランチには行ったが わしも札はあげるぞ


    ワルキューレ6


    痛感したのは いつの世も 情報が大事


    ワルキューレ7


    ハーンス大尉とヘルム軍曹 彼らが鍵だった

    画像は ハーンス大尉(ダニー・ウェッブ)

    ワルキューレ8


    ウルウル場面 第2位


    ワルキューレ9


    I'm thinking of earlier times.

    ベックぅぅぅぅぅ!

    ワルキューレ10


    ウルウル場面 第1位


    ワルキューレ11


    2人の間に 言葉は要らない ヘフテン中尉!


    ワルキューレ12

    | や行~ん | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    リボルバー ☆☆

    ●監督● ガイ・リッチー脚本

    ●出演● ジェイソン・ステイサム、レイ・リオッタ、ヴィンセント・パストーレ、アンドレ・ベンジャミン、マーク・ストロング

    ●あらすじ● カジノ王マカに雇われるも罠にハメられ、7年間の刑務所暮らしを強いられたジェイク。彼は その投獄生活の中で出会った “チェスの天才” と “詐欺の達人” からあらゆる手口を伝授され、ペテンの方式=“究極の勝利の方程式” を習得する。こうして凄腕のギャンブラーとして出所したジェイクは賭場で無敵を誇り、ついにはマカのカジノで圧勝、大金をせしめるのだった。一方、さらなる復讐を怖れたマカは百発百中の殺し屋ソーターにジェイク抹殺を指示。だが、ジェイクはそんな危機も突然現われた謎の2人組ザックとアヴィに救われる。しかし、ジェイクはすでに新たな罠の迷宮へ足を踏み入れてしまっていた…。

    ●感想●
    リボルバー1


    とりあえず毛があったら 誰か わからんw

    声で ああ彼だなってわかるが

    リボルバー2


    アニメ挿入等で スタイリッシュに描くものの


    リボルバー3


    毛有りステイサムだけでなく


    リボルバー4


    レイ・リオッタまでもが

    内なる自分と 対話するものだから

    どうでもいいけど パンツはいて~!

    リボルバー5


    訳わからんw

    はいたんはええけど、そんなビキニ嫌~!

    リボルバー6


    裏切りのサーカス でも 思ったけれど


    リボルバー7


    マーク・ストロングは

    哀しく銃を撃つのが似合う いい男


    リボルバー8


    彼が仕掛けた 最大のペテンは


    リボルバー9


    “彼は君だ” と 君に信じ込ませたことだ


    リボルバー10

    | や行~ん | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    リディック ✩

    ●監督● デヴィッド・トゥーヒー脚本

    ●出演● ヴィン・ディーゼル、ジュディ・デンチ、コルム・フィオール、タンディ・ニュートン、ニック・チンランド、カール・アーバン、アレクサ・ダヴァロス

    ●あらすじ● ヴィン・ディーゼルが2000年に主演したSFアクション・スリラー 「ピッチブラック」 の続編。前作から5年後、お尋ね者として銀河系を又に掛けて逃亡を続けるアンチ・ヒーロー、リディックの活躍を 前作を上回る迫力とスケールで描く。
    暗闇でも物を見ることができる能力を持ち、恐るべきエイリアンの襲撃を生き延びたリディック。あれから5年、彼は5つの惑星から指名手配され、その首には法外な懸賞金がかかっていた。賞金稼ぎの手を逃れて、銀河系のはずれで逃亡の日々を送る彼は、やがてヘリオン第1惑星へとやって来た。もともと平和だったこの星は、いまや血に飢えた凶悪な種族ネクロモンガーのリーダー、ロード・マーシャルの手に落ちようとしていた。へリオンに暮らすエレメンタル族の使者エアリオンは、リディックが救世主と信じ助けを乞う。その話を一笑に付すリディックだったが、いよいよ始まったネクロモンガー艦隊の総攻撃の混乱の中でついに一人の賞金稼ぎに捕まってしまう。惑星クリマトリアの刑務所へと護送されたリディックはそこで、かつて彼に憧れていた少女キーラと再会するのだった。

    ●感想● 
    リディック1


    設定がイマイチ終盤まで 完全把握できず

    よくわからないまま終わった模様

    SFってのは 特別な設定が必須。いまや名作のスター・ウォーズだって 最初は誰も その世界観を知らず 意味不明だったに違いない。しかし そんなものは瞬く間に消化され 皆の心に賞賛の炎が宿った。
    しかし リディック鑑賞中の理緒の心に ちっとも何も宿らない。ネクロモンガー 根暗なモモンガとか言い換えてしまって 集中できない。前作 「ピッチブラック」 を鑑賞していれば 何か違っていたのであろうか・・・。いや そんな事はないと断言できる。

    ↓↓↓ 渋かった鎌

    リディック2

    | や行~ん | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    野性の証明 ☆

    ●監督● 佐藤純彌

    ●出演● 高倉健、薬師丸ひろ子、中野良子、夏木勲、三國連太郎、舘ひろし、田村高廣、ハナ肇、松方弘樹、丹波哲郎、梅宮辰夫、田中邦衛、角川春樹

    ●あらすじ● 東北の寒村で大量虐殺事件が発生。唯一生き残った少女・頼子はショックから記憶喪失となっていたが、当時山中でサバイバル訓練を行っていた自衛隊員・味沢に引き取られる事になる。退役した味沢と頼子は地方都市で平穏な生活を行っていたが、予知能力とも言える頼子の持つ不思議な力が二人を巨大な陰謀へと巻き込んでいく……。

    ●感想●
    野性の証明1


    何でも盛り込めばいいってものではないと思う

    特に 薬師丸ひろ子の予知能力は要らんやろw

    野性の証明2


    とにかく 何とかならないのか この


    野性の証明3


    朱色のペンキみたいな血糊!


    野性の証明4


    健さんは カッコ良かった


    野性の証明5


    明日に向って撃て! みたいだった


    野性の証明6

    | や行~ん | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE ☆☆☆

    ●監督● 亀垣一

    ●出演● 栗田貫一(声)、高山みなみ(声)、小林清志(声)、浪川大輔(声)、沢城みゆき(声)、山寺宏一(声)、山崎和佳奈(声)、小山力也(声)、林原めぐみ(声)、内野聖陽(声)、三浦知良(声)

    ●あらすじ● “天下無敵の大泥棒” ルパン三世と “頭脳明晰の名探偵” 江戸川コナン。2009年のテレビスペシャルで共演した二大キャラクターが、今度は完全オリジナル劇場アニメでコラボレーションを果たす。監督は テレビスペシャル 「ルパン三世vs名探偵コナン」 を手がけた亀垣一が担当。世界にたった一つしか存在しないという幻の秘宝 “チェリーサファイア” をめぐり、ルパンとその仲間たち、ICPOの銭形警部、江戸川コナンと少年探偵団、毛利小五郎と警察、そして謎の男と組織が巻き起こす大事件を描く。
     米花町の銀行に保管されているチェリーサファイアがルパン三世の手によって盗まれてしまう。海外の超人気アイドルであるエミリオが来日するニュースが流れるが、そのボディガードは次元大介であることを知り、コナンはルパン一味が何かを企んでいることに気づいた。エミリオを元には 「ライブを中止しなければお前の命を奪う」 という脅迫状が。華やかなライブの裏で、衝撃的な大勝負が繰り広げられる!

    ●感想●
    ルパン三世VS名探偵コナン1


    哀ちゃん 可愛いのう


    ルパン三世VS名探偵コナン4


    昔は 何が何でも 五ェ門派だったが


    ルパン三世VS名探偵コナン2


    このシリーズで

    すっかりパパの 次元のファンに♥


    ルパン三世VS名探偵コナン3

    | や行~ん | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    ロンドン・ブルバード -LAST BODYGUARD- ☆

    ●監督● ウィリアム・モナハン製作脚本

    ●出演● コリン・ファレル、キーラ・ナイトレイ、デヴィッド・シューリス、アンナ・フリエル、ベン・チャップリン、レイ・ウィンストン

    ●あらすじ● 裏社会から足を洗うべく 人気女優のボディガードとなった男と、彼を引き込もうとする組織との対立が エスカレートしていくさまをスタイリッシュに描くハードボイルド・サスペンス。
    3年の刑期を終え出所したミッチェルはギャングの世界から足を洗うと決意するが、簡単にはしがらみを断ち切れずにいた。そんな時、ひょんなことから裏社会とは無縁の職にありつく。それは、若くして引退した今も悪質なパパラッチに悩まされ続ける元トップ女優シャーロットのボディガードというものだった。ところがギャングのボス、ギャントがミッチェルを気に入り、仲間に引き込もうと誘いをかけてくる。ミッチェルがきっぱりと断ると、今度は彼の周辺に累が及び始めてしまい…。

    ●感想● 
    LONDON BOULEVARD1


    S.W.A.T. ☆★ の時から 言ってるが


    LONDON BOULEVARD2


    城島に見えて 仕方ない

    理由=髪型、眉毛、目玉

    LONDON BOULEVARD5LONDON BOULEVARD26


    クソ面白くない上に みんな死ぬし


    LONDON BOULEVARD3


    デヴィッド・シューリスは 良かったわ


    LONDON BOULEVARD4

    | や行~ん | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    理想の恋人.com ☆☆☆★

    ●監督● ゲイリー・デヴィッド・ゴールドバーグ製作脚本

    ●出演● ダイアン・レイン、ジョン・キューザック、エリザベス・パーキンス、クリストファー・プラマー、ダーモット・マローニー

    ●あらすじ● インターネットの出会い系サイトを通じて出会った中年男女の恋の行方を ハートウォーミングに綴った大人のロマンティック・コメディ。
    幼稚園の先生をする30代の女性サラ。8ヵ月前に離婚したばかりで 今はまだ恋愛に積極的になれずにいた。家族はそんなサラを心配し、当人以上の熱心さで恋人探しに躍起になる。ある時、姉のキャロルと妹のクリスティンは勝手にサラになりすまし、出会い系サイトに彼女のプロフィールを登録。しかし デートの申し出がいくつも舞い込むものの、まともな相手が現われずサラは散々な目にあう。ほとんど諦めかけたとき、ジェイクという同じ年頃のちょっと好感の持てそうな男性とめぐり逢うサラだったが…。

    ●感想●
    理想の恋人com1


    原題の 『Must Love Dogs』 とは

    出会いサイトの相手の条件として

    よく使われる 『犬好きな人』 の意味


    理想の恋人com2


    ダイアン・レインが 中年なんだけど可愛い♥


    理想の恋人com3


    もちろん 理緒のデコちゃん

    ジョン・キューザックも 可愛い♥


    理想の恋人com4


    クリストファー・プラマーも 素敵だった


    理想の恋人com5


    ドクトル・ジバゴ20回も観たなんて まさに運命


    理想の恋人com6

    | や行~ん | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    ロック ~わんこの島~ ☆☆

    ●監督● 中江功

    ●出演● 佐藤隆太、麻生久美子、土師野隆之介、岡田義徳、柏原収史、佐藤仁美、原田美枝子、倍賞美津子

    ●あらすじ● 太平洋の小さな島、三宅島。そこで民宿を営む野山一家。小学生の芯は、生まれたばかりの子犬に “ロック” と名付け、愛情を注ぐ。2000年8月、三宅島・雄山が大噴火する。島外避難をすることになった野山一家だが、その矢先、ロックがいなくなる。慣れない東京での避難生活が始まるが、必ず島に帰る、ロックは生きてる、という希望を胸に、一家は毎日を懸命に生きていく。そんなある日、芯たちは噴火災害動物救護センターでロックと奇跡の再会を果たす。しかし、避難住宅では犬は飼えない。どんどん体調を崩し弱っていくロック。島にはいつ帰れるかもわからない。様々な不安と葛藤の中、芯はある決意をする。

    ●感想●
    わんこの島1


    芯とロックの友情など 良い場面はいっぱいあったし、被災者の方が どんなに大変な生活を強いられるか等 考えさせられる場面も いっぱいあった。しかし、あまり よろしくないのでは・・・と思う場面も多々あった。なぜ 東京でおばあちゃんは 一人出て行ったのか。部屋が狭いと言うのが理由だったが 一部屋ならまだしも 二部屋あり、そんな狭いと思えなかった。いや もちろん狭いが 何より 家族が一緒であることが大事と訴えたい映画のくせに、そこんところ 変だぞって感じだった。


    わんこの島2


    それから 獣医の卵の若者の 『三宅島の噴火があって本当に良かった』 って言葉は それは被災者本人に言うものではないだろう!って 不快だった。噴火があったからこそ あなた方に出会えて 僕は成長できました ありがとうって思ったのは そりゃそう思ったんだからいいけど それを 被災者に直接言うなんて 頭おかしいんじゃないの? 言うにしても 言葉選べよ、『あなた方に出会えて 良かったです ありがとう』 でいいじゃないか。


    わんこの島3


    それから最後の場面は 里親さんの気持ちはどうなるの? って 何ともいえない 素直に良かったね ハッピーエンドだねって喜べない嫌~な気持ちに。これが 最初から ロックが島に帰るまで善意で預かりましょうってスタンスの里親さんなら問題ない。しかし 違う。普通に ロックを自分たちの犬として迎えようとしていた人に 芯の父が 土下座して 『島に帰る時が来たら返してくれ』 と頼み込んだのだ。そこで じゃあ 嫌なら断ればいいじゃないかって言うかもしれないが、実際問題 被災者の方に土下座されて その場で了解するしかないような気がする。心から 『わかりました じゃ 島に帰るまでの間だけ世話しますよ』 って 里親さんが思ってるなら 名前を変えないと思う。それに 状況がわからないので あまり偉そうに言えないけど そこまで大事なら 何とかして 東京でロックと一緒に暮らせる部屋とか 見つけられないの?って思う。あの部屋は 国から割り当てられていて そこから出てはいけないのか? そういう点が不明なので 何とも言えないけど、と・に・か・く スッキリしないんじゃ!

    わんこの島4


    今現在 まめすけと暮らしてる身としては 自分だったら・・・と 考えずにはいられない。まめすけと離れるなんて考えられない まめすけは子供と一緒なんです 一緒に避難するんですって事が、 現実に このような状況になった時に 許されないであろう事は 頭では理解できるが、心では到底受け入れられない。

    わんこの島5

    | や行~ん | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード ☆★

    ●監督● ロバート・ロドリゲス製作脚本撮影プロダクションデザイン編集音楽

    ●出演● アントニオ・バンデラス、サルマ・ハエック、ジョニー・デップ、ミッキー・ローク、ダニー・トレホ、エンリケ・イグレシアス、ウィレム・デフォー

    ●あらすじ● ギターケースを抱えた伝説のガンマン、エル・マリアッチ。彼は愛する女性を失い、今は失意の中で悲しみの癒えぬまま ひっそりと暮らしていた。しかし、その頃、メキシコ国内は不穏なクーデター計画に揺れていた。このクーデター計画の鎮圧に乗り出したCIA捜査官サンズはエル・マリアッチの噂を耳にすると、彼にクーデターの首謀者、マルケス将軍と麻薬王バリーリョの暗殺を依頼する。エル・マリアッチにとってもマルケス将軍は憎き仇敵。彼こそ、エル・マリアッチの恋人カロリーナを殺した張本人だった。

    ●感想● 
    レジェンド・オブ・メキシコ1


    ロバート・ロドリゲス監督の 『マリアッチ』 三部作の 『エル・マリアッチ』(1992年)、『デスペラード』(1995年) に続く第3弾だが、 『エル・マリアッチ』 は未鑑賞。

    レジェンド・オブ・メキシコ2


    『デスペラード』 は、当時の映画鑑賞ノートの感想に 『めちゃくちゃお洒落で面白かった! アントニオ・バンデラスかっこいい』 って書いてあり 星は4個。

    レジェンド・オブ・メキシコ3


    あのデスペラードか! 今度はレジェンドか! と期待したものの・・・

    レジェンド・オブ・メキシコ4


    あまり 面白くなかった・・・ 

    レジェンド・オブ・メキシコ5


    ジョニデが 不必要に目立ち過ぎてるわって思った。マリアッチ(バンデラス)が かすむよ;;

    レジェンド・オブ・メキシコ6


    ジョニデのCIAのTシャツは 笑えたが・・・(ジョニデはCIA捜査官の役) 

    ってかネット情報によると このTシャツ のCIA 『Cleavage Inspection Agency』 と書いてある。

    Cleavage=乳房の谷間 Inspection=視察 Agency=政府機関 

    本来のCIAは Central Intelligence Agency(中央情報局)
     
    レジェンド・オブ・メキシコ12

    オッパイ観察局 のTシャツ着て笑う ジョニデ

    レジェンド・オブ・メキシコ7


    ミッキー・ローク 良かったわ~

    レジェンド・オブ・メキシコ8


    だって ずっとチワワ抱っこしてて♥

    レジェンド・オブ・メキシコ9


    チワワはメキシコ原産 この作品は レジェンド・オブ・メキシコ!

    レジェンド・オブ・メキシコ10


    ウィレム・デフォーも やらかしてくれるし!(爆)

    レジェンド・オブ・メキシコ11

    | や行~ん | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    ワイルド・レンジ 最後の銃撃 ☆☆☆

    ●監督● ケヴィン・コスナー製作主演

    ●出演● ロバート・デュヴァル、ケヴィン・コスナー、アネット・ベニング、マイケル・ガンボン、マイケル・ジェッター、ディエゴ・ルナ、ジェームズ・ルッソ

    ●あらすじ● アメリカ映画界が放つ本格西部劇大作として公開され全米興行で60億円を記録し大ヒットとなった。また20分以上にわたるクライマックスの大銃撃戦が 西部劇史上もっともリアルなガンファイトと絶賛された。

    1882年のアメリカ西部・モンタナ。“ボス”ことスピアマン、チャーリー、モーズ、バトンの4人は定まった牧場を持たずに各地の草原を移動しながら牛を育てる“フリー・グレイザー”の集団である。
    ある日、町へ買い物に行ったモーズが戻って来ないため、スピアマンとチャーリーが町に向かうと、モーズは喧嘩をしたとして留置場に入れられていた。彼は暴行を受け負傷していたため、スピアマンたちは保安官に訴えるが、町の顔役であるバクスターからもう“フリー・グレイザー”の時代は終わったとして町から出て行くよう警告を受ける。
    4人は町を恐怖で支配するバクスターに闘いを挑む事になるが…。

    ●感想●
    ワイルド・レンジ1


    ロバート・デュヴァルが 良かった


    ワイルド・レンジ2


    アネット・ベニングも 良かった


    ケヴィン・コスナーが 誰よりも綺麗だと言うが、本当! 顔のシワなんか 関係ないんだね 本当に綺麗に見えた

    ワイルド・レンジ3


    パン! パン!


    ワイルド・レンジ4


    乾いた銃声が 何よりの効果音だった


    ワイルド・レンジ5

    | や行~ん | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    | PAGE-SELECT | NEXT