♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥黒豆柴 黒豆柴まめすけと理緒の♪あんみつ日記♪ まめすけ♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    まめすけ 動物病院(0813/2013) レントゲン検査 & 前十字靭帯完全断裂


    8月13日(火曜)、動物病院へ


    預かり同意書 及び 同意書(鎮静・麻酔・処置・手術) に記入捺印し 渡す。

    鎮静下でのレントゲン検査。

    検査同意書


    同意書



    検査の結果は、やはり 『前十字靭帯完全断裂』 でした。
    元々の持病の膝蓋骨脱臼 と合わせて 19日(月曜)に手術することになりました。


    手術は

    TPLO (脛骨高平部水平化骨切り術)

    Tibial Plateau Leveling Osteotomy … 及び、膝蓋骨脱臼の整復手術も合わせて行う

    『TPLO』 は、犬の前十字靭帯断裂における最新の手術法の一つです。
    この手法は故Dr.Barclay Slocum(世界的に有名な獣医外科の先駆者) によって考案されました。
    前十字靭帯には脛骨(下腿骨) の前方への転移と内旋を抑制する働きがあり、この手術法では 膝関節の安定を得るために 膝関節の力学的構造を変化させます。
    TPLOは脛骨近位関節面付近の骨切りを行なって 脛骨に角度をつけることにより、前方への脛骨のすべり(犬の十字靭帯にかかるストレスの原因の一つ) を除去することができます。
    つまりTPLO手術の意図は、脛骨の前方への推進を後十字靭帯で 制御できる角度に高平部の角度を矯正し、膝関節の活動的制動を得ることです。他の前十字靭帯断裂の手術では 十字靭帯の機能的な欠損に対してワイヤーや他の靭帯などで補おうと試みますが、TPLOでは膝関節の靭帯の機能的欠損に対して安定をもたらすことができます。
    また、TPLOは前十字靭帯の完全 または部分断裂の治療法として有効であり、活発に運動ができるようになるまでの期間を従来の手術法よりも短縮させ、関節内の変化を最小限に抑えることが出来ます。特に、長期のリハビリテーションや術後管理が困難な大型で活動的な犬の治療法として最適です。

    ↑ 以上 TPLOでネット検索して 一番わかりやすい記述だった 
    神奈川県横浜市「藤井動物病院」のHP より コピペさせて頂きました。

    なんか これでも難しくて よくわからん状態ですが;; 要は 骨を一部切って 回転させて角度を変え プレートで固定して、今まで 前に滑っていたのを改善するというもの。

    19日の手術・入院(1週間の予定) まで 安静が必要になりました

    0812動物病院4

    | 病院美容院 & 箕面小野原周辺グルメ | 19:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT