♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥黒豆柴 黒豆柴まめすけと理緒の♪あんみつ日記♪ まめすけ♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    マージン・コール ☆☆☆☆

    ●監督● J・C・チャンダー脚本

    ●出演● ケヴィン・スペイシー、ポール・ベタニー、ジェレミー・アイアンズ、ザカリー・クイント、ペン・バッジリー、サイモン・ベイカー、メアリー・マクドネル、 デミ・ムーア、スタンリー・トゥッチ

    ●あらすじ● ニューヨーク。ある大手投資銀行のリスク管理部門で 大規模なリストラが行なわれるが、解雇された責任者デールはオフィスからの去り際、若い部下ピーターにある資料を渡す。残業してその資料を分析したピーターは、同銀行が保有する大量の金融商品がこのまま値崩れを続けると 銀行の総資産を上回る損失が出るという結論に達する。ピーターの上司への報告はすぐにCEOのジョンに伝わり、深夜にもかかわらず緊急役員会が開かれた。

    ●感想● 
    マージン・コール1


    リーマン・ショックを題材に描かれた この作品

    非常に 面白い! 夜明けまで 興奮しっぱなし

    ふと こんな事で興奮する理緒は変態か? と思いつつw 元金融会社勤務だからか・・・ 

    マージン・コール2


    ケヴィン・スペイシー 良かった

    マージン・コール3


    憎たらしかったCEOジェレミー・アイアンズ

    重役食堂で言った事は 正しい


    マージン・コール4

    So you think we might have put a few people out of business today. That its all for naught. You've been doing that everyday for almost forty years Sam. And if this is all for naught then so is everything out there. Its just money; its made up. Pieces of paper with pictures on it so we don't have to kill each other just to get something to eat. It's not wrong. And it's certainly no different today than its ever been. 1637, 1797, 1819, 37, 57, 84, 1901, 07, 29, 1937, 1974, 1987-Jesus, didn't that fuck up me up good-92, 97, 2000 and whatever we want to call this. It's all just the same thing over and over; we can't help ourselves. And you and I can't control it, or stop it, or even slow it. Or even ever-so-slightly alter it. We just react. And we make a lot money if we get it right. And we get left by the side of the side of the road if we get it wrong. And there have always been and there always will be the same percentage of winners and losers. Happy foxes and sad sacks. Fat cats and starving dogs in this world. Yeah, there may be more of us today than there's ever been. But the percentages-they stay exactly the same.

    仕事を失った連中に申し訳ないと思うのか。それは無駄な事だ。これと同じ事を、君は今まで40年間続けてきただろう。だったら気にするな。他人の事など忘れろ。全ては金だ。わかるだろ、金があるお陰で食料の為に、他人と殺し合う必要もない。それの何が悪い。世の中は、そうしてまわってきたんだ。1637年、1797年、1819年、37年、57年、84年にも。1901年、7年、29年、37年、74年もだ。87年の大暴落では大損したよ。92年、97年、2000年にもあった。そうして、ただ歴史は繰り返されるだけなんだよ。例え我々でも、その現実を止めたり、遅らせたり、そんな影響を与える事などできない。ただ対応し、成功すれば金になる。そして失敗すれば終わるだけ。いつだって勝者と敗者は同じ割合だけ存在するんだ。幸福と不幸、金持ちと貧乏、全てが背中合わせなのさ。もちろん、今日はいつもより敗者が多いかもしれん。だが割合はいつだって決して変わらない。

    | ま行 | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT