♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥黒豆柴 黒豆柴まめすけと理緒の♪あんみつ日記♪ まめすけ♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    ロック ~わんこの島~ ☆☆

    ●監督● 中江功

    ●出演● 佐藤隆太、麻生久美子、土師野隆之介、岡田義徳、柏原収史、佐藤仁美、原田美枝子、倍賞美津子

    ●あらすじ● 太平洋の小さな島、三宅島。そこで民宿を営む野山一家。小学生の芯は、生まれたばかりの子犬に “ロック” と名付け、愛情を注ぐ。2000年8月、三宅島・雄山が大噴火する。島外避難をすることになった野山一家だが、その矢先、ロックがいなくなる。慣れない東京での避難生活が始まるが、必ず島に帰る、ロックは生きてる、という希望を胸に、一家は毎日を懸命に生きていく。そんなある日、芯たちは噴火災害動物救護センターでロックと奇跡の再会を果たす。しかし、避難住宅では犬は飼えない。どんどん体調を崩し弱っていくロック。島にはいつ帰れるかもわからない。様々な不安と葛藤の中、芯はある決意をする。

    ●感想●
    わんこの島1


    芯とロックの友情など 良い場面はいっぱいあったし、被災者の方が どんなに大変な生活を強いられるか等 考えさせられる場面も いっぱいあった。しかし、あまり よろしくないのでは・・・と思う場面も多々あった。なぜ 東京でおばあちゃんは 一人出て行ったのか。部屋が狭いと言うのが理由だったが 一部屋ならまだしも 二部屋あり、そんな狭いと思えなかった。いや もちろん狭いが 何より 家族が一緒であることが大事と訴えたい映画のくせに、そこんところ 変だぞって感じだった。


    わんこの島2


    それから 獣医の卵の若者の 『三宅島の噴火があって本当に良かった』 って言葉は それは被災者本人に言うものではないだろう!って 不快だった。噴火があったからこそ あなた方に出会えて 僕は成長できました ありがとうって思ったのは そりゃそう思ったんだからいいけど それを 被災者に直接言うなんて 頭おかしいんじゃないの? 言うにしても 言葉選べよ、『あなた方に出会えて 良かったです ありがとう』 でいいじゃないか。


    わんこの島3


    それから最後の場面は 里親さんの気持ちはどうなるの? って 何ともいえない 素直に良かったね ハッピーエンドだねって喜べない嫌~な気持ちに。これが 最初から ロックが島に帰るまで善意で預かりましょうってスタンスの里親さんなら問題ない。しかし 違う。普通に ロックを自分たちの犬として迎えようとしていた人に 芯の父が 土下座して 『島に帰る時が来たら返してくれ』 と頼み込んだのだ。そこで じゃあ 嫌なら断ればいいじゃないかって言うかもしれないが、実際問題 被災者の方に土下座されて その場で了解するしかないような気がする。心から 『わかりました じゃ 島に帰るまでの間だけ世話しますよ』 って 里親さんが思ってるなら 名前を変えないと思う。それに 状況がわからないので あまり偉そうに言えないけど そこまで大事なら 何とかして 東京でロックと一緒に暮らせる部屋とか 見つけられないの?って思う。あの部屋は 国から割り当てられていて そこから出てはいけないのか? そういう点が不明なので 何とも言えないけど、と・に・か・く スッキリしないんじゃ!

    わんこの島4


    今現在 まめすけと暮らしてる身としては 自分だったら・・・と 考えずにはいられない。まめすけと離れるなんて考えられない まめすけは子供と一緒なんです 一緒に避難するんですって事が、 現実に このような状況になった時に 許されないであろう事は 頭では理解できるが、心では到底受け入れられない。

    わんこの島5

    | や行~ん | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT