♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥黒豆柴 黒豆柴まめすけと理緒の♪あんみつ日記♪ まめすけ♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    トゥモロー・ワールド ☆★

    ●監督● アルフォンソ・キュアロン脚本編集

    ●出演● クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア、マイケル・ケイン、キウェテル・イジョフォー、クレア=ホープ・アシティ、パム・フェリス

    ●あらすじ● 人類に最後の子供が誕生してから18年が経過した西暦2027年。原因が わからないまま子孫を生み出すことの出来なくなった人間には滅亡の道しかないのか。希望を失った世界には暴力と無秩序が際限なく拡がっていた。世界各国が混沌とする中、英国政府は国境を封鎖し不法入国者の徹底した取締りで辛うじて治安を維持している。そんなある日、エネルギー省の官僚セオは、彼の元妻ジュリアン率いる反政府組織 “FISH” に拉致される。ジュリアンの目的は、ある移民の少女を “ヒューマン・プロジェクト” という組織に引き渡すために必要な “通行証” を手に入れることだった。最初は拒否したものの、結局はジュリアンに協力するセオだったが…。

    ●感想● 
    CHILDREN OF MEN1


    マイケル・ケイン!(笑)

    CHILDREN OF MEN2


    西暦2027年って 結構すぐそこの話なんだよね。今から子供が全く誕生しなくなったとして 18年後、このような世界になってるとは どうしても思えないので、肌に合わなかった。

    CHILDREN OF MEN3


    それに この作品の美点とされる 長回し


    CHILDREN OF MEN4


    レンズに血糊付着のままのカメラワークは


    CHILDREN OF MEN5


    日常 飛蚊症で このような画像が展開されてる理緒にとっては 飛蚊症を忘れて 作品に没頭して楽しむのが映画なのに いやでも飛蚊症が思い出されて 不快だった

    CHILDREN OF MEN6
    ※ 画像は 元気でるでるくすりのメディコ から お借りしました

    | た行 | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT