♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥黒豆柴 黒豆柴まめすけと理緒の♪あんみつ日記♪ まめすけ♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    ハンコック ☆☆★

    ●監督● ピーター・バーグ

    ●出演● ウィル・スミス、シャーリーズ・セロン、ジェイソン・ベイトマン、エディ・マーサン、ジェイ・ヘッド

    ●あらすじ● ウィル・スミスがトラブル・メーカーのヒーローに扮したアクション・コメディ。空を飛び並外れたパワーで様々な事態を解決、人々に尊敬されるはずが、その粗暴な解決過程と言動で嫌われ者となっているスーパーヒーローの成長と活躍を描く。ロサンゼルスに暮らす酒浸りの自堕落な男ハンコックは、実は不死身で空も飛べ、しかも驚異的なスーパー・パワーの持ち主。その類い希な能力を使い、事件が起きれば すぐさま現場に駆けつけて解決してくれるが、事件の度に周囲へ大損害を与える乱暴なやり方と 何一つ反省しないぶっきらぼうな態度が災いし、人々から非難されてばかり。そんなある日、踏切内で身動きがとれなくなり 列車に轢かれそうになった1台の車をいつもの強引さで救う。その車を運転していたPR会社勤務のレイにとって命の恩人となったハンコックはやがて、彼から正義のヒーローとしてのイメージ・アップ計画を持ちかけられるのだが…。

    ●感想●
    HANCOCK1.jpg


    ジョン・ハンコック


    HANCOCK3.jpeg


    1776年7月4日 独立宣言に署名した唯一の人であるから

    署名の代名詞

    記憶喪失で自分の名前もわからなかった ウィル・スミスが ジョン・ハンコックと書いておけ(=署名しろの意) ・・・と言われ それを自分の名前と思った。日本で言えば そこにシャチハタ押せと言われて アイアム シャチハタと 思うようなもの

    HANCOCK4.jpg


    この場面あたりまでは 面白かったのに

    嫌われ者のハンコックが レイと出会い、ヒーローになるべく刑務所に入り 大きな銀行強盗事件で呼び出されて 片付けるまで

    HANCOCK2.jpg


    後半 脚本破綻

    初めて レイの家に行った時のメアリーの様子で 元カノ? と思ったけどさぁ・・・

    HANCOCK5.jpg


    ってか 元カノでも 不死身鉄肌女でもいいけど、ぬぐいきれない違和感が。

    2人一組で創られていて 惹かれ合い どんなに離れていてもお互いを見つける。そして寄り添うと 力を失う。人間として 普通に生き、愛し、一緒に老い 死ぬ為に。

    HANCOCK6.jpg


    おおっ! 何て素晴らしい設定だと興奮したのも束の間・・・、何か おかしくない? 80年前、映画観た後に 暴漢に襲われ頭を強打したハンコックが 病院で目覚めたら記憶をなくしていた。メアリーは 彼を愛するが故に 黙って去った。2人が離れれば またパワーは戻り 不死身でいられるから。彼に生きていて欲しい、記憶がなくなったのは これ幸い、彼は 自分を探すことなく、永遠にパワーを保持しながら世界を救える・・・って事なんだと思うけど、じゃ なぜ たった80年で レイを愛したのだろうか。「たった」 って言うのは 彼らは紀元前に創られているから。メアリーは記憶をなくしてないんだから ハンコックを愛してしまう宿命から 逃れられないはずだし、自分で運命は変えられるって言ってたから それを実践する為に まずは形からって事で レイとアーロンに目を付けた? その形から入った「家族」 が 本物になっていったとして、レイもアーロンも年を取るのに 自分は不死身 一体どうするつもりだったのか。なぜ レイの妻という形にしたのだろう。これが 一人で暮らしていたのなら 違和感がなかったのに。

    ってか 注射針も刺さらない鉄肌なのに

    レイはSEXしてて気付かなかったんかい!

    これが言いたかったw

    HANCOCK7.jpg

    | は行 | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT