♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥黒豆柴 黒豆柴まめすけと理緒の♪あんみつ日記♪ まめすけ♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    いそしぎ ☆☆☆★

    ●監督● ヴィンセント・ミネリ

    ●出演● エリザベス・テイラー、リチャード・バートン、エヴァ・マリー・セイント、チャールズ・ブロンソン、モーガン・メイソン

    ●あらすじ● 自由な心を持つ美しい女流画家と、妻子ある学校長との半年間の恋を描くメロドラマ。題名の 『いそしぎ』 は、ヒロインが海岸で保護した幼鳥の種名(磯鷸)である。羽の折れた幼鳥をヒロインが手当てし、大空へ飛び立たせるエピソードは、登場人物の心情の変化を象徴している。

    シングル・マザーで無名の画家のローラは、カリフォルニアの海岸の家で、9歳の息子ダニーと暮らしていた。自由な生き方を愛するローラはダニーを学校に通わせず、自宅で教育していたが、ダニーは裁判所の命令でミッション・スクールの寮に入れられてしまう。ミッション・スクールの校長で牧師でもあるエドワードは、温順な妻のクレアと共に学校を切り盛りし、新しい礼拝堂を建設するための寄付金集めに奔走していた。エドワードは、神や社会的な常識を否定するローラを感化しようとするが、逆にローラの自由な心に惹かれ、密かに逢瀬を重ねる仲となる。ミッション・スクールに礼拝堂を建てるための寄付集めは、実は理事たちの脱税の隠れ蓑だった。エドワードは、校長の座を守るために、理事たちの計画に目をつぶっていた。しかし、ローラの影響で若い頃の情熱を取り戻したエドワードは、理事からの賄賂を突き返す。理事会に逆らったエドワードは、ローラとの関係を妻のクレアに打ち明け、学校を去る決心をする。ローラもまた、妻とローラの両方を愛しているというエドワードに別れを告げた。エドワードは、考える時間が欲しいと言う妻を残し、ひとり当てもなく旅立って行った。

    ●感想● 不倫を肯定する訳ではないが、ローラからすると 純粋にエドワードを愛しただけ。そして、愛し合ったあとに 相手を慈しむという初めての感情の芽生えに戸惑う。そこで 初めて エドワードの妻の事を考え、『私って最低だわ、でも 彼女が憎い』 と苦しみます。

    一方 エドワードも、単にローラの蠱惑的な容姿のみならず、その精神に惹かれてゆく。礼拝堂建て直しに多額のお金をかけると知ったローラが 『祈るのは どこでもできるわ、どうして そのお金を貧しい子供たちの教育に使わないの?』 って言うところには 共鳴せずにはいられない。

    寄付金を集めに… など妻に嘘をつき 逢瀬を重ねるローラとエドワード。エドワードは 牧師で校長先生…。

    一体 どうするのか… とハラハラしていたところ 遂に 妻に告白する。

    おお! やっと腹を決めたか、今の地位も家族も何もかも捨て 愛する恋人のところへいくのか! それとも やはり本当に大切なのは 20年間苦楽を共にした妻である事に気付き ローラとは一時の迷いと懺悔して切り捨てるのか! …と思いきや 妻に 「どうするつもりなの?」 と問われ 「わからない… 何も考えていない」って。

    考えてから 告白しろやっ!

     

    Elizabeth & Richard - I Don't Wanna Miss A Thing .MOV
     


    8回結婚したことで 有名な エリザベス・テイラー。そのうち リチャード・バートンとは お互い結婚相手がいた ダブル不倫で始まり、結婚 離婚 再婚と2回も結婚する。




    『今もこれからも、ずっと愛している。出来る限り早く僕の元へ帰ってほしい』 
                          
                             ~リチャードから エリザベスへの手紙より~



     

    | あ行 | 15:09 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

    COMMENT

    ※ 新規コメントは 受け付けていません

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT