♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥黒豆柴 黒豆柴まめすけと理緒の♪あんみつ日記♪ まめすけ♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    きみがぼくを見つけた日 ☆☆☆☆

    ●監督● ロベルト・シュヴェンケ

    ●出演● エリック・バナ、レイチェル・マクアダムス、アーリス・ハワード、ロン・リヴィングストン、スティーヴン・トボロウスキー、ブルックリン・プルー

    ●あらすじ● 幼い日、愛する母が運転する車で事故に遭う寸前に、ヘンリーは突然時空の彼方へ姿を消す。以来、過去と未来を瞬時に行き交うタイムトラベラーとなるが、その行き先は彼自身にも わからなかった。誰にも信じてもらえない秘密を抱え孤独な旅を続けるヘンリーだったが、過去に降り立ったある日、6歳の少女クレアと出会う。未来からやって来たというヘンリーの言葉を信じる彼女こそ、いつか巡りあう運命の恋人だった。

    ●感想

    理緒は タイムトラベルもんが好き。運命の恋も好き。だから絶対 この作品は 大好き!

    …なんだけど、流産 パイプカットの辺りでは ちょっと ひいてしまった…。クレアの 子供が欲しい、母親になりたいって気持ちは 痛いほどわかるけど、でも 何回も お腹の子がタイムトラベルして 流れてるのに、よく すぐまた妊娠する気になるなぁって…。だって タイムトラベルした胎児は どこか異次元に飛んで そのまま そこで野垂れ死んでるんに違いないんだよ…。最初は そんな事わからないんだから 仕方ないけど、次から もう それがわかってて 妊娠できないでしょう。できないって事はないかもしれないけど、なんて言うのかな… その辺りの 葛藤をもっと描かないと タイムトラベルした胎児に対して あんまりな描写だった。


    ヘンリーのパイプカットも クレアに黙って勝手になんて…。

    この辺りが ちょっとゲンナリだったけど、それでも ☆4個! こういうお話は好きなんでね。





    ただ、主人公ヘンリーが ロマンチックでない!!! なんで むさ苦しい エリック・バナなんじゃ。

    エンドクレジットに executive producer 製作総指揮 ブラッド・ピットって 出てきてさ~、

    ああ! ブラピなら パイプカットしようが何しようが ☆4個半か 5個あげても 良かったのにぃ~~~って 悶えたわ。

    ただし、今現在の これまた 汚らしくなった(涙) ブラピでなく 昔のブラピでね。


    むさ苦しい エリック・バナ




    この頃の ブラピが




    タイムトラベルしてきたなら




    悶絶死 間違いなし!



    | か行 | 00:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

    COMMENT

    ※ 新規コメントは 受け付けていません

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT