♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥黒豆柴 黒豆柴まめすけと理緒の♪あんみつ日記♪ まめすけ♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    羊たちの沈黙 ☆☆☆☆☆

    ●監督● ジョナサン・デミ

    ●出演● ジョディ・フォスター、アンソニー・ホプキンス、スコット・グレン、テッド・レヴィン、アンソニー・ヒールド、ダイアン・ベイカー

    ●あらすじ● T・ハリスの、同名ベストセラー小説を映画化したサイコ・スリラーの傑作。若い女性ばかりを狙い、殺したあとに皮を剥ぐという、異常な謎の連続殺人事件が発生。犯人像割り出しのため、女性FBI訓練生クラリスは、監禁中の元天才的精神科医で殺人鬼のレクター博士を訪ねる。彼から、犯人のヒントを得ようというのだ。レクターはクラリスが、自分の過去を話すという条件付きで、事件究明に協力するが……。J・フォスター、A・ホプキンスの演技派二人の緊迫感ある演技のやりとりが見もの。J・デミの、抑制のきいた演出も映画にマッチしている。

    ●感想● 

    全国の映画ファンの投票をもとに、1950年~70年を中心とする映画の黄金時代に生まれた数々の作品の中から、傑作映画をセレクトし、毎朝十時から 一年間にわたり上映する特別企画 午前十時の映画祭 で鑑賞。

    赤の50本  青の50本  がある。










    TOHOシネマズ梅田 で 観て来ました♪


     

    ちょっとピースしてみましたw 見える?(笑)


     

    同じ 『午前十時の映画祭』 で ショーシャンクの空に ☆☆☆☆☆ を鑑賞した時は、平日にも関わらず満席だった。

    で、昨日 10月1日土曜日。人気のある作品だし、満席だろうなって思ったが、半分くらい空いていた。理緒の隣も空いていたので、荷物置いちゃった。

    で、年齢層が高く おまけに男性ばっか! 正直 理緒が 一番か二番に若かったw 年配の男性は お手洗いが近いのだろうか…、何回も席を立つ方がいて、←勝手に ハルンケアと命名w その方が中座するたびに 『ハルンケア またトイレか~』 って思ってました…。

    まぁ それはさておき…、今まで 何回観たかわからない大好きな作品。ここ数年の記録でしかない 『ブログ開設以前の映画』書庫 で 2回登場し、2回とも満点をつけている。

    今までは ハンニバル・レクターとクラリスばかりに目がいってたが、今回は クロフォード(スコット・グレン演じる上司捜査官)とクラリスに注目した。

    レクターが クラリスと出会って すぐに言う、『クロフォードは君を抱きたいと思ってる』。超人レクターの分析、間違いなどある訳がない。クロフォードは クラリスをそういう目で見ているんだ。ってか、作中に出てくる男のほとんどが 彼女を振り返っている。美人は得です。

    しかし、地位も見識もあるクロフォードは もちろんクラリスを直接誘ったりしない。でも 最後の握手の力の込めように、ありありと それを感じた。

    そして 『手』 と言えば、レクターがクラリスに資料を返す一瞬に触れ合う指。ぞくっとする。愛を感じる。『ハンニバル』 で、レクターは クラリスでなく自らの手首を切断するけど、『手』 というものは、如実に感情を表すものなんだなって思う。

    最後に… チルトン食べられて いい気味だ!

    …でも 不味そうだ!

    | は行 | 00:54 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

    COMMENT

    ※ 新規コメントは 受け付けていません

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT