FC2ブログ

    ♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥黒豆柴 黒豆柴まめすけと理緒の♪あんみつ日記♪ まめすけ♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥

    | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    ウインドトーカーズ ☆☆

    ●監督● ジョン・ウー製作

    ●出演● ニコラス・ケイジ、アダム・ビーチ、クリスチャン・スレイター、ピーター・ストーメア、ノア・エメリッヒ、マーク・ラファロ

    ●あらすじ● 第二次世界大戦下、文字を持たないアメリカ先住民族“ナバホ族”の言葉自体を暗号として用い、彼らを通信兵として利用したアメリカ軍。そんなナバホ族と彼らの護衛をすることになった白人兵士たちとの心の交流と葛藤を描く。
    1943年、南太平洋ソロモン諸島ガダルカナル。上官の戦死で小隊を指揮することになったエンダーズ伍長だったが、日本軍の猛攻の前に若い兵士たちを次々と失い、自らは負傷しながらも唯一の生き残りとして心と体に深い傷を負い帰還する。責任を感じるエンダーズは一刻も早い復隊を希望する。ようやく復隊が認められたエンダーズに課せられた新たな任務は、“ウインドトーカーズ”と呼ばれたナバホ族の通信兵とペアを組んで護衛し、彼の戦場での安全を確保することだった。しかし、真に必要とされたのは暗号の秘密の死守で、その為には如何なる犠牲を厭うなとの極秘指令も含まれていた。

    ●感想●
    ウインドトーカーズ1


    ホリョダー!

    いやいや そんな発音だったら 絶対ばれるって!


    ウインドトーカーズ2


    クリスチャン・スレイターが ニコラス・ケイジと同じ任務を負う役で出ていると知った瞬間、“その時” には 躊躇することなく ホワイトホースを殺すのかと…。

    ごめん クリスチャン・スレイター!

    イメージだけで決めつけて… 殺さなかったね;;

    それどころか 死ね~!天誅~!と叫ぶ日本兵に日本刀でバッサリ首を斬られて…(。>ω<。)

    ウインドトーカーズ3

    | あ行 | 19:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    運命の女 ☆☆☆ 

    ●監督● エイドリアン・ライン製作

    ●出演● ダイアン・レイン、リチャード・ギア、オリヴィエ・マルティネス

    ●あらすじ● ニューヨーク郊外のベッドタウンで夫エドワードや息子と暮らす主婦コニーは、平凡ながら何不自由ない生活を送っていたが、息子の誕生日プレゼントを買いにマンハッタンへ行くとブックディーラーの青年ポールとぶつかり、軽いけがを負う。それをきっかけに度々彼のアパートを訪れるようになったコニーは、いつしか最後の一線を越え、若いポールの魅力に溺れてゆく。

    ●感想●
    運命の女1


    実はスノードームが 好きだったりする

    参考記事 JALオリジナル スノードーム & やさしい嘘と贈り物 ☆☆☆★

    運命の女2


    私の大好きなスノードームで


    運命の女3


    殺人するなー!

    ちなみに以前に鑑賞した時の評価は星3個半 何気にダウン↓

    運命の女4


    コニー、夫のこのセリフ 一生忘れるなよ

    I didn't want to kill him, I wanted to kill you!
    殺したかったのはヤツじゃない、君さ!

    運命の女5

    | あ行 | 19:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    思い出のマーニー ☆☆

    ●監督● 米林宏昌脚本

    ●出演● 高月彩良(声)、有村架純(声)、松嶋菜々子(声)、寺島進(声)、根岸季衣(声)、森山良子(声)、吉行和子(声)、黒木瞳(声)、杉咲花(声)

    ●あらすじ● 英国の名作児童文学を舞台を北海道に置き換えて映画化した感動の思春期ファンタジー。心を閉ざした多感な12歳の少女が、謎めいた同い年の少女と過ごすひと夏の不思議な思い出と心の成長を瑞々しく詩情あふれる筆致で綴る。
    北海道の札幌に暮らす中学1年生の杏奈。辛い生い立ちから心を閉ざし、誰とも打ち解けることなく孤独な日々を送っていた。そんな中、持病の喘息が悪化し、転地療養のために海辺の村でひと夏を過ごすことに。そこで杏奈は、入江に建つ誰も住んでいない古い屋敷を目にする。地元の人が湿っ地屋敷と呼ぶその建物に、なぜか懐かしさを覚え惹かれていく杏奈。その屋敷は杏奈の夢の中にも現われるようになり、必ずそこには金髪の少女の姿があった。ところがある晩、湿っ地屋敷へとやって来た杏奈の前に、夢で見た金髪の少女が現われる。少女はマーニーと名乗り、“わたしはちのことは2人だけの秘密よ”と語る。そんなマーニーにだけは心を開き、いつしかかけがえのない友情を育んでいく杏奈だったが。

    ●感想●
    思い出のマーニー1


    地縛霊かと思いきや 祖母だった

    原作の名作児童文学は知りません。

    冒頭、孤立している杏奈が呟く。

    “この世には目に見えない魔法の輪がある。輪には内側と外側があって、この人たちは内側の人間、そして私は外側の人間”

    すぐに杏奈に突っ込みを入れる私。

    “輪の内側なんて限られた世界やん、外側は無限に広がっているやん、外側の方がいいやん! 私かって外側の人間やで”

    そうやって彼女を励ましたが、すぐに彼女に苛立ちを覚える。

    養母に対する彼女の気持ちに どうしても寄り添うことが出来ない。逆に 養母が… おばちゃんと呼ばれる養母が気の毒でならない。最初は 杏奈の亡くなった両親のどちらかの姉か妹、文字通り “伯母ちゃん 或いは叔母ちゃん” なのかと思っていた。

    養母が 少しでも嫌な人として描かれていれば…。

    養母がどのような経緯で杏奈を引き取って育てているのかは分からないが、子供に恵まれず… そして悩んだ末の決断だったとしたら。

    杏奈の表情がなくなり、自身をおばちゃんと呼ぶようになったことに、どんなに深く傷付いているだろうか。

    私は 両親と祖母を失い、思春期で揺れる心を持つ杏奈を好きになれず、彼女に距離を置かれて苦しんでいる養母にシンパシーを感じた。

    杏奈が不信感を抱いた理由が 補助金って…。そんなの児童手当とか 本当の親子でもあるやんけ。

    養母が 少しでも嫌な人として描かれていれば… また違ったかもしれない。

    きっと若い頃に観れば、杏奈に心を寄せて 一緒に苦しめただろうに。

    随分と年を取ってしまったと、また思い知らされる作品でした。

    思い出のマーニー2

    | あ行 | 19:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    アトミック・ブロンド ☆☆☆

    ●監督● デヴィッド・リーチ

    ●出演● シャーリーズ・セロン製作、ジェームズ・マカヴォイ、ジョン・グッドマン、ティル・シュヴァイガー、エディ・マーサン、ソフィア・ブテラ

    ●あらすじ● 冷戦末期の1989年。英国秘密情報部 “MI6” の凄腕エージェント、ローレン・ブロートンは、何者かに奪われた極秘リストの奪還と、二重スパイ “サッチェル” の正体を突き止めよという密命を帯びベルリンに降り立つ。早速現地で活動するスパイ、デヴィッド・パーシヴァルと合流するが、彼女の行動は敵側に筒抜けとなっていた。誰が敵か味方かまるで分からない状況の中、次々と襲いかかる殺し屋たちを、強靱な肉体と圧倒的戦闘スキルでなぎ倒していくローレンだったが。

    ●感想●
    atomic blonde1


    傘のシーンは 見事!


    atomic blonde2


    スパイグラスが死んだ時は 悲しかった

    あの壮絶なファイトシーンで スパイグラスも何処からか見つけ出してきたガムテープで お腹をグルグル巻きにして頑張っていたからなぁ(涙)

    atomic blonde3


    ローレン初登場時に流れてくる

    David Bowie “Cat People

    See these eyes so green~♪


    atomic blonde4


    そして! この場面で 流れてきたのは…!

    Queen and David Bowie

    Under Pressure

    マジか! 悶絶する私


    atomic blonde5


    お気に入りキャラ・メルケルの表情が良い!

    演じたビル・スカルスガルドの父上は ステラン・スカルスガルド!

    atomic blonde6


    “Under Pressure” の旋律を耳にしながら

    この瞳に吸い込まれた私の脳内に木霊するのは

    冒頭で流れた “Cat People”

    See these eyes so green~♪


    atomic blonde7


    Emmett Kurzfeld: Let's go home.
    エメット・カーツフェルド: 帰ろう

    atomic blonde8


    Lorraine Broughton: That sounds good. Let’s go home.
    ロレーン・ブロートン: いい響きね… 帰りましょ

    atomic blonde9


    Emmett Kurzfeld: "Cocksucker?" Really?
    エメット・カーツフェルド: "クソ野郎?" 本音か?

    Lorraine Broughton: I'm glad it was convincing.
    ロレーン・ブロートン: そう聞こえたなら成功ね

    atomic blonde10

    | あ行 | 19:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    インデペンデンス・デイ:リサージェンス ☆★

    ●監督● ローランド・エメリッヒ製作原案脚本

    ●出演● リアム・ヘムズワース、ジェフ・ゴールドブラム、ビル・プルマン、マイカ・モンロー、トラヴィス・トープ、ウィリアム・フィクトナー、ブレント・スパイナー

    ●あらすじ● 1996年に大ヒットしたローランド・エメリッヒ監督によるSF超大作 「インデペンデンス・デイ」 の続編。人類が侵略者を撃退してから20年後の地球を舞台に、再び現われた宇宙からの侵略者と人類との激闘の行方を壮大なスケールで描き出す。

    ●感想●
    リサージェンス1


    主人公が ウェイミアッ! ビフォーユゴーゴーを

    歌っていた頃の ジョージ・マイケルに見えた


    リサージェンス2


    ってかさ… ヒラー大尉出ないの? 私の ID4の印象って、ほぼほぼ砂漠で悪態をつきながらエイリアン引っ張っていたウィル・スミスなのよね。代わりに出ている大尉の息子は カリスマ性ないしさぁ…。主人公 Wham!やしさぁ…。ビル・プルマンと
    ブレント・スパイナーは なかなか良かったし(ごめんよ ジェフ・ゴールドブラム… 役どころが前作から好きではないねん)、新キャラのウンブトゥ酋長と眼鏡の会計士コンビも気に入ったけれど…。

    それでも!

    恒星間飛行? やめときw

    あ! 名案が浮かんだ!

    恒星間飛行のインデペンデンス・デイ3は “20年後” に撮れば?

    | あ行 | 19:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    エンド・オブ・キングダム ☆☆☆★

    ●監督● ババク・ナジャフィ

    ●出演● ジェラルド・バトラー製作、アーロン・エッカート、モーガン・フリーマン、アロン・モニ・アブトゥブール、アンジェラ・バセット

    ●あらすじ● ジェラルド・バトラーが米国大統領を警護する最強のシークレットサービスを演じる大ヒット・アクション 「エンド・オブ・ホワイトハウス」 の続編。今度はロンドンを舞台に、再びテロリストに命を狙われた大統領を護るべく奔走する主人公の獅子奮迅の活躍を迫力のアクション満載に描く。

    ●感想●
    エンド・オブ・キングダム

    前作 エンド・オブ・ホワイトハウス ☆☆ より星大幅UP! 前作で頑張っていたメリッサ・レオが演じる国防長官ルースは、今回は殆ど出番がなかった。その代わりに アンジェラ・バセットが演じるリン・ジェイコブス長官だなと思っていたら…(涙) ちゃんと 生まれてきた娘に名付けてたね。

    大統領との友情が微笑ましい。

    Bourbon and poor choices/バーボンと貧乏くじ

    | あ行 | 19:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    エレクトラ ☆★

    ●監督● ロブ・ボウマン

    ●出演● ジェニファー・ガーナー、ゴラン・ヴィシュニック、ウィル・ユン・リー、ケイリー=ヒロユキ・タガワ、テレンス・スタンプ、カーステン・プラウト

    ●あらすじ● 人気アメリカン・コミック・ヒーローをベン・アフレック主演で映画化した 「デアデビル」 のヒロイン・キャラクター“エレクトラ”を主人公にしたアクション・アドベンチャー。
    かつての戦いで命を落としたエレクトラは、スティックという盲目の武術の達人により復活を果たす。そして、激しい訓練の末に非情な暗殺者として生まれ変わるのだった。やがてエレクトラは、マーク・ミラーという男とその13歳になる娘アビーを殺すよう指令を受ける。ところがエレクトラは、そうとは知らずにアビーと知り合い、いまでは深い友情を築いてしまっていた。苦悩するエレクトラは、ついに指令を拒絶することを決断する。しかし、父娘を狙い別の暗殺者が送り込まれる。エレクトラは2人を救出するため行動を開始するのだった。

    ●感想●
    エレクトラ (1)


    ボブ・サップの扱いが酷い


    エレクトラ (2)


    まともなセリフもなく アーアー唸った後


    エレクトラ (3)


    自分が ぶっ倒した


    エレクトラ (4)


    木の下敷きになって 死亡…


    エレクトラ (5)

    | あ行 | 19:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    オデッセイ ☆☆☆☆★

    ●監督● リドリー・スコット製作

    ●出演● マット・デイモン、ジェシカ・チャステイン、クリステン・ウィグ、ジェフ・ダニエルズ、マイケル・ペーニャ、ケイト・マーラ、ショーン・ビーン

    ●あらすじ● 火星ミッション中に不運が重なり、死んだと思われたままたった一人で火星に取り残されてしまった主人公が、科学の知識と不撓不屈の根性、底抜けのユーモアを武器に、その絶体絶命の状況からの地球帰還を目指して繰り広げる過酷なサバイバルの行方を描く。

    ●感想●
    オデッセイ


    この場面で “Starman” 最高かよ!


    | あ行 | 19:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン ☆☆

    ●監督● ジョス・ウェドン脚本

    ●出演● ロバート・ダウニー・Jr、クリス・ヘムズワース、マーク・ラファロ、クリス・エヴァンス、スカーレット・ヨハンソン、ジェレミー・レナー

    ●あらすじ● アイアンマンこと “戦う実業家” トニー・スタークは、将来出現するかも知れない新たな脅威から地球を守るために、人工知能 “ウルトロン” による平和維持システムを開発する。しかしウルトロンが平和を維持するために導き出した答えは、その障害となっている人類を排除するというものだった。仮の肉体を得て暴走を始めたウルトロンを阻止すべく再び集結したアベンジャーズ。そんな彼らの前に、人の心を自在に操るワンダと超高速で動く肉体を持つピエトロの超人姉弟が立ちはだかる。

    ●感想●
    エイジ・オブ・ウルトロン

    前作 アベンジャーズ ☆☆☆☆★ は、あんなにワクワクして面白かったのに一気にトーンダウン。

    暴走したハルクを阻止すべく アイアンマンが衛星ヴェロニカを呼び出して ごっついアーマーを装着して戦っていた場面が一番面白かったわ。

    私が一番好きなキャラは ハルクだけれど、最後 何処に行っちゃったの!?

    | あ行 | 19:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    アナと雪の女王/家族の思い出 ☆★

    ●監督● ケヴィン・ディーターズ、スティーヴィー・ワーマーズ=スケルトン

    ●出演● ジョシュ・ギャッド(声)、クリステン・ベル(声)、イディナ・メンゼル(声)

    ●あらすじ● 2013年に空前の世界的大ヒットとなったディズニー・アニメ 「アナと雪の女王」 の人気キャラクターたちが再結集し、クリスマスをテーマに贈る短編アニメ。ディズニー・アニメ 「リメンバー・ミー」 の併映作品として劇場公開。大人気の雪だるまキャラクター、オラフを主人公に、クリスマスの伝統的な迎え方が分からず落ち込むアナとエルサの為に立ち上がったオラフが、思わぬ大冒険を繰り広げる羽目になる様子をコミカルに描く。

    ●感想●
    家族の思い出

    何て感想を書けば良いものやら… サウナが燃えていました。

    そして私は、オラフよりスヴェンが好きです。

    オラフって ジャー・ジャー・ビンクスっぽい。以上。

    | あ行 | 19:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 ☆☆☆☆☆

    ●監督● モルテン・ティルドゥム

    ●出演● ベネディクト・カンバーバッチ、キーラ・ナイトレイ、マシュー・グード、ロリー・キニア、アレン・リーチ

    ●あらすじ● 挑むのは世界最強の暗号。英国政府が50年以上隠し続けた、天才アラン・チューリングの真実の物語。

    ●感想●
    The Imitation Game1


    本当に陳腐なレビューになりますが、やはり私には こう書き留める事しか出来ません。

    誰もが このセリフに心を留めるでしょう。

    3度も繰り返されるのだから。

    クリストファーから、チューリングへ。

    チューリングから、ジョーンへ。

    ジョーンから、チューリングへ。

    Sometimes it is the people no one imagines anything of, who do the things that no one can imagine.
    誰も予想しなかった人物が誰も想像しなかった偉業を成し遂げる事だってある。

    3度とも泣きました。最初のクリストファーからは 少し鼻ツン涙ジワくらいでしたが、2回目のジョーンへ発せられた時は うわーんレベル、ラストのジョーンの口から出た時は号泣呼吸困難。

    The Imitation Game2

    | あ行 | 19:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    アパルーサの決闘 ☆☆★

    ●監督● エド・ハリス製作脚本主演

    ●出演● ヴィゴ・モーテンセン、レネー・ゼルウィガー、ジェレミー・アイアンズ

    ●あらすじ● 人気ハードボイルド作家ロバート・B・パーカーの同名ウエスタン小説を、これが監督2作目となるエド・ハリスが豪華キャストで映画化。
    悪がのさばる町アパルーサ。名うてのガンマン、ヴァージル・コールは町に正義を取り戻すべく保安官として雇われる。彼は相棒のエヴェレット・ヒッチと共に、牧場主のブラッグ率いる悪党一味と対峙していく。そんな中、この町にやって来た美しき未亡人アリソン・フレンチ。やがてコールは、この謎めいた未亡人に惹かれていくが。

    ●感想●
    Appaloosa1.jpg


    まさかのレネーが この役とは…

    建築中のおうちで ヴィゴに迫った時は、ひっくり返ったわ。レネーは好きだけど、これは配役ミスでしょう。

    ヴィゴが主役で とても男気のある良い役でした^^

    Appaloosa2.jpg

    | あ行 | 19:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    イコライザー ☆★

    ●監督● アントワーン・フークア

    ●出演● デンゼル・ワシントン製作、マートン・ソーカス、クロエ・グレース・モレッツ、デヴィッド・ハーバー、ビル・プルマン、メリッサ・レオ

    ●あらすじ● 元CIAのトップエージェントで、今は正体を隠してひっそりと暮らす一人の男が、偶然出会った娼婦の少女の過酷な境遇に心動かされ、極悪非道なロシアン・マフィアに戦いを挑んでいくさまを描く。
    ホームセンターの真面目な従業員、ロバート・マッコール。かつては、CIAの凄腕エージェントだった彼だが、引退した今は、自らの過去を消して静かな生活を送っていた。そんなある日、行きつけのカフェで知り合った少女娼婦テリーが、ロシアン・マフィアから残酷な扱いを受けている事を知る。見過ごす事が出来ず、遂に封印していた正義の怒りが爆発するマッコール。単身で敵のアジトに乗り込むや、悪党どもをあっと言う間に退治してしまう。これに危機感を抱いたロシアン・マフィア側は、すぐさま最強の殺し屋を送り込んでくるのだったが。

    ●感想●
    イコライザー1


    売り場のハンマー 使わんといてー!


    イコライザー2

    | あ行 | 19:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    相棒-劇場版Ⅳ- 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断 ☆☆☆

    ●監督● 橋本一

    ●出演● 水谷豊、反町隆史、鈴木杏樹、川原和久、山中崇史、鹿賀丈史、北村一輝、 山口まゆ

    ●あらすじ● ある日、英国で日本領事館関係者の集団毒殺事件が起こり、唯一の生き残りの少女・鷺沢瑛里佳が国際犯罪組織“バーズ”に誘拐される。しかし事件は表沙汰になる事なく闇に葬り去られる。7年後、バーズのリーダーであるレイブンが日本に潜伏しているとの情報を受け、国連犯罪情報事務局の元理事マーク・リュウが来日、特命係の杉下右京と冠城亘が案内役を務める。そんな中、何者かにより外務省のホームページがハッキングされ、鷺沢瑛里佳の現在の姿と日本政府に身代金を要求する動画が公開される。日本政府はテロ組織に対して毅然とした態度を示そうとするが、折しも銀座では、日本選手団の凱旋パレードが行われ、つめかけた50万人の見物客を標的にした大量無差別テロの可能性が明らかとなる。タイムリミットが迫る中、真犯人へと近づいていく右京だったが…。

    ●感想●
    aibou1.png


    イタミンの この顔だけでいい映画


    aibou2.jpg

    | あ行 | 19:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    ある日どこかで ☆☆☆☆

    ●監督● ジュノー・シュウォーク

    ●出演● クリストファー・リーヴ、ジェーン・シーモア、テレサ・ライト、スーザン・フレンチ、クリストファー・プラマー

    ●あらすじ● 母校で初演を迎えていた新進の劇作家リチャードのもとへ現れた老婦人は、金時計を手渡すと“帰ってきて”という言葉を残し去っていく。数年後、再び母校を訪れたリチャードは その町のホテルで一枚の肖像画に心を奪われる。そこに描かれた美女エリーズは、かつての老婦人の若き日の姿だった。日増しに膨れ上がる“彼女”への想いに苦しむリチャードは、ついに時間の壁を越えエリーズと出会う…。

    ●感想●
    ある日どこかで1


    5年前に はんぶるぱいさんが ご結婚20周年記念の記事を投稿 され、その時に知った作品です。いつか観ると約束し 遂にその日を迎えました。

    心優しくロマンチストのはんぶるぱいさんが愛するだけあって、素晴らしくロマンチックで 上品な作品でした。ラフマニノフの 『パガニーニのラプソディー』 はもちろん、ジョン・バリーの 『Somewhere In Time』 も心に染みます。

    とても良かったのですが 一つだけ 私にとってマイナス点がありました。それは クリストファー・リーヴの顔が好みではない事です。これだけは どうしようもありません;; 私好みの顔の役者さんだったら 星4.5個は確実、号泣具合によっては満点だったかも。でも こうも思うのです。クリストファー・リーヴの好青年顔だから 成り立つお話だろうな、と。

    ある日どこかで2


    エリーズが どうしてこんなにも美しいのか、このポートレートが撮られた場面は 心から感動しました。

    ある日どこかで3

    | あ行 | 19:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    | PAGE-SELECT | NEXT