FC2ブログ

    ♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥黒豆柴 黒豆柴まめすけと理緒の♪あんみつ日記♪ まめすけ♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥

    2009年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年10月

    | PAGE-SELECT |

    ≫ EDIT

    上海の伯爵夫人 ☆☆

    ●監督● ジェームズ・アイヴォリー

    ●出演● レイフ・ファインズ、ナターシャ・リチャードソン、真田広之、ヴァネッサ・レッドグレーヴ

    ●あらすじ● 1936年、様々な社会的・政治的理由によって国を追われた外国人が数多く移民してきた上海の外国人租界。ロシアから亡命してきた未亡人ソフィア・ベリンスカヤ伯爵夫人は、クラブのホステスとして働いていた。ある事件により視力を失った元外交官のアメリカ人ジャクソンは、世捨て人のように生きていた。ある夜、ジャクソンは日本人のマツダ とめぐり逢う。彼は言葉巧みにジャクソンに接近。マツダに、いつか“夢のバー"を作りたいと語るジャクソン。やがてふたりはソフィアが働くクラブに行き着いた。その帰りしな、ソフィアがまるで自分の顧客のようにジャクソンに寄り添い、彼が暴漢に狙われていることをさりげなく伝える。ジャクソンは、この彼女こそが自分が探し求める女性だと直感で悟る。数日後、競馬で一攫千金を手にしたジャクソンは、“夢のバー"を実現すべくソフィアの元を訪れ、彼の“店の華"になるよう申し込む。1年後、ジャクソンのクラブ“白い伯爵夫人(ホワイト・カウンテス)"は、活気に満ちた国際的な社交の場となっていた。上海に戻ってきたマツダは、この店に共産党、国民党、そして日本軍の正面衝突による政治的陰謀を持ち込むべきだと言い、ジャクソンは全面的に賛同する。一方、ソフィアとジャクソンは微妙な距離を保ち続け、盲目になったいきさつを尋ねられても真実を告げようとしない。そんなジャクソンに、重いドアで世界を遮断するつもりかとソフィアは言う。いつしかソフィアは、ジャクソンの固く閉ざされた悲嘆の殻を破り始め、彼は盲目となった事件を語るようになる。やがて、時代の潮流が二人の運命を翻弄する。

    ●感想● 貴族としての気位か、家族の為に お水で働くソフィアを蔑む ソフィアの亡き夫側の一族。蔑むのは構わないさ、けどよ、それならそれで ソフィアの給金を横取りするなよ!

    『我々は落ちぶれても貴族だ』 とプライドを持ち、そんな汚れたお金は目にするのも嫌って言うなら 一理あると思うけど、一家でハイエナのように たかっておいて、それでいて彼女に辛く当たるのは筋違いだ。

    挙句の果てに ソフィアがジャクソンからもらったお金で娘を奪い、ソフィアを置き去りって

    マジで はあ!?って感じ!

    あの夫の妹のオールドミスが カティナを わが娘のように愛しているから 話がややこしいし。

    ところで、ジェームズ・アイヴォリーの作品って好きだが、いつも初めて鑑賞した時は 意外とイマイチに思っている。『眺めのいい部屋』 なんて、最初は退屈に思った。『ハワーズ・エンド』 『日の名残り』 も然り。けれど 何回か観ているうちに 胸を締め付けられるように;;

    だから この作品、上海の歴史的背景も ピンと来ないのも あいまって、どうもイマイチだったのだが、次に観た時には はまるかもしれない。

    | さ行 | 18:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    まめすけ リビングへ

    突如 スイッチが入って、ケダモノ化するまめすけに 手を焼いておりますw

    何が いけないのかと悩み苦しむ今日この頃。あほ可愛がりしていないつもりだし、餌も運動も十分、日光浴も気持ち良さそうだ。『お座り』 『待て』 も かなり出来るようになった。

    とにかく食欲旺盛で、とっても良い状態のウンチをする。
    お鼻も黒々シットリで、健康そのもの^^

    皮膚が少し痒いが それは柴特有かな^^; と あまり気にしていない。

    …ひとつ 思い当たる事があった。寝床が玄関な事。今は お散歩デビューしていないので、1日5回お庭に出して 思い切り遊ばせている。時間にして4~5時間。凄く幸せそうだ。

    でも、お外の時間が終わったら、玄関のサークルに入れられる。

    もともと私は、犬を飼いたいなって思った時、室内で飼いたかった。でも 今までの生涯で 一度も犬猫を飼った事がない夫が 反対。

    話し合いの末、外飼いならって夫が折れた。まめすけが まだ赤ちゃんなので、赤ちゃんのうちは 寝床は玄関、ある程度大きくなったら、昼も夜も完全外飼い…が、当初の予定だった。

    でも 私が、夫を説得して、大きくなっても 夜や大雨の日は玄関と納得させた。

    だけど犬は 群れの動物、朝晩と リビングから離れた玄関で 一人ぽつんは寂しいだろう。

    それに気付いたんだ。噛んだ時 『檻に入れて、一人にして無視』 って罰があるけど、まめすけは 今まで檻に入れられ うちらがリビングに行っちゃったら 一人ぼっちやったんやなって;; 何も悪い事していないのに 一人ぼっちやったんやなって;;

    だから キレるのではないだろうか、いや それがキレる理由ではなくても、リビングに寝床を置いてやろうって決めた。

    夫に 半分泣きながら 上記の事を説明して、とうとう了承させた。

    ついでに 玄関に置いていたサークル ↓ は 狭かったので




    リビングには 豪華で インテリアにも

    マッチする『リッチェル スライド

    木製サークル』を 購入!





    最大幅154センチで リビングに置いたら こんな感じ^^(よく見たら まめすけがいるぜw)




    今まで、誰もいない玄関で鳴いても 仕方ないと諦めていたのか 全然鳴かなかったけど、リビングだと 鳴きますね^^

    まめすけも 広い豪邸に満足気で こんな寝相 初めて見たw




    ケダモノ噛み…とは 関係なかったかもしれないけど、大事な私の赤ちゃん、いつも目に届くところで安心です。

    まめすけ、今までごめんね(>_<)

    | まめすけ | 13:09 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    まめすけ バッタ大好物②


    バッタさん、ごめんなさい;;


    | ギャラリー(動画) | 12:29 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    まめすけ バッタ大好物①


    虫 苦手な方、ごめんなさい;;


    | ギャラリー(動画) | 12:19 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    | PAGE-SELECT |