FC2ブログ

    ♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥黒豆柴 黒豆柴まめすけと理緒の♪あんみつ日記♪ まめすけ♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥

    2009年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年02月

    | PAGE-SELECT |

    ≫ EDIT

    まめすけ 夜のお散歩の話


    夜の お散歩を

    いかに安全にするかに 必死な夫

    ミニライトだけでは 飽き足らず


     

    頭に こんなヘッドライトも装着w


     

    おまけに こんな懐中電灯まで!!!


     

    この2本を頭にさすと 言い出した時は

    やめて~! 都井睦雄やん! と反対した
    都井睦雄とは、津山30人殺しの犯人。八つ墓村じゃーーー!!!


     

    おまけに

    反射素材を裁縫して こんな物を作るし








    こんな 工事現場みたいなの 嫌ぁ;;

    …仕方なく ネットで探して

    セーフティ反射★Comfortハーネス
    を買った。詳しい商品説明はコチラ → セーフティ反射★Comfortハーネス


     

    これは可愛い♪


     

    ねね?工事現場の時よりも


     

    こっちの方が可愛いよね!?


     

    …5000円以上で 送料無料なので

    反射リードカバー も 買いました^^
    詳しい商品説明はコチラ → 反射リードカバー

    | まめすけ | 15:44 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    バタフライ・エフェクト ☆☆☆☆

    ●監督● エリック・ブレス脚本

    ●出演● アシュトン・カッチャー、エイミー・スマート、ウィリアム・リー・スコット、エルデン・ヘンソン、エリック・ストルツ

    ●あらすじ● 初期のごく小さな差違が、将来的に予測不能な大きな違いを生じると言うカオス理論を効果的に取り入れた異色サスペンス。“バタフライ・エフェクト”とは、カオス理論を“一匹の蝶が羽ばたいた結果、地球の裏側で竜巻が起きる”と言う喩えで表した有名な言葉。愛する者を救うため、過去を書き換えようとした男が体験する想像を超えた出来事をスリリングに描く。

    ●感想● 面白いと有名な この作品。いつか観たいと思っていた。

    守護神 ☆☆☆★ のレビューで 連続猟奇殺人犯を演じてもらいたいと言っている アシュトン・カッチャー。

    いきなり幼少時に 人を刺し殺す絵を描いている!キター!と思ったけど、違ったw

    サイコパスなのは ケイリーの兄トミーであって

    アシュトン・カッチャーは 鼻血まみれに

    なりながら 過去を何回も やり直す男
    …を熱演。

    結局 何回やり直しても、誰かが不幸になり、一度は 自分自身は四肢を失ったが、まわりは幸せそうなので これで良しと自殺しかけるが 母が肺ガンで入院しているのを知って やり直す。

    そして 結局ラストは、ケイリーが自分に恋しなければ 母方に引き取られ万事うまくいくと考え、ケイリーと初めて出会った時に、脅しをかける。めでたし、めでたし…になっているけれど、いきなり初対面で 殺すぞって脅されて、ケイリーが対人恐怖症になったら どうするねんw

    劇場公開版のラストとは違うラスト、ディレクターズ・カットでは、母の胎内に戻り へその緒を首に巻いて自殺するらしい。でも これって何よりお母さんが悲しむよ…。

    人生に 不幸はつきもの

    不幸があるから 幸福もあるのさ
    …そう気付いて、あのケイリーを訪ねていく場面に戻って、性的虐待の過去を思い出させて 自殺するところだけを食い止めて欲しかったかな。そして 残りの人生の困難は、2人で乗り越えて行けば良かったのにって思う。

    何気に、ハエ男・エリック・ストルツ(バック・トゥ・ザ・フューチャーを マーティとイメージが違うと降ろされた方が有名?) が変態オヤジで 出ていたなw

    | は行 | 15:35 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    ツイスター2008 ☆★

    ●監督● スティーヴン・R・モンロー

    ●出演● ミミ・ロジャース、マイケル・アイアンサイド、ロバート・モロニー、アンドリュー・エアリー

    ●あらすじ● 気象学者のエイプリルは、幼い頃に両親を竜巻で亡くした過去を持つ。それがきっかけで、弟のショーンとは絶縁状態になっていた。しかし、数十年ぶりに再会を果たす事となり、エイプリルは娘のダナを連れてショーンが住むシアトルに向かった。お互いの家族を紹介しつかの間の幸せな時を過ごすが、突如としてシアトルの街を激しい雷雨と暴風が襲う。そして上昇気流に渦が生まれ、巨大な竜巻【スーパーストーム】が発生。街を飲み込み始めた。原因を探るべく調査に出かけたエイプリルとショーンだったが、既に至る所で竜巻の激しい爪跡が残されていた。そんな中、娘のダナが行方不明になったという知らせが入る…。

    ●感想● ヤン・デ・ボン & ヘレン・ハントの 『ツイスター』 が結構好きなので、続編か?と思って鑑賞。…何の関係もなかった^^;

    『ツイスター』 では、竜巻のCGが凄いな~と思ったけど、本作では もう途中から 竜巻の事より 娘ダナが マイケル・アイアンサイドのドラ息子から逃れられるのか!? みたいな展開になってしまった…。

    どうせなら このドラ息子、竜巻に巻かれて あ~れ~と飛んでいけば 面白かったのになw

    ミミ・ロジャースについて語るなら、有名なのは トム・クルーズの元妻って事だろうけど、私的には ちょっと違う。

    XファイルDVDコレクション保持者の

    理緒としては スカリーを苛立たせた

    モルダーの元カノってところやなw
    いつ、ミミ・ロジャースの背後から シガレット・スモーキング・マンが煙をくゆらせながら、出てくるかと錯覚してしまったw

    | た行 | 15:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    | PAGE-SELECT |