FC2ブログ

    ♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥黒豆柴 黒豆柴まめすけと理緒の♪あんみつ日記♪ まめすけ♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥

    2011年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年02月

    | PAGE-SELECT |

    ≫ EDIT

    まめすけ ドゥリムトン村 『ポントオーク』

    まめすけ 京都丹波/亀岡 『夢コスモス園』①
    まめすけ 京都丹波/亀岡 『夢コスモス園』② の続きやワン^^


    京都丹波/亀岡 『夢コスモス園』 を 出て




    次に向かったのは…




    亀岡の山中に 突如現れた




    イギリスの 田舎の村!




    “ドゥリムトン村” の




    ティールームレストラン 『ポントオーク』




    いやーーーん 何か 素敵~~~(>_<)












    本当に ここ日本?




    まめすけも お洒落にパチリ




    お庭には ウサギが放し飼い!
    お客とワンコは 遠くから見るだけなので、安心です^^








    イギリス田舎村の雰囲気を 堪能しました♪




    ウェイトレスさんも この格好^^




    ここは コーヒーはありません!
    何せ イギリスの田舎ですから!(笑)




    理緒=バニラアイスクリーム英国産蜂蜜添え




    首タオル=チーズと薔薇の林檎のパイ




    理緒の生クリームを 首タオルに押し付ける
    そして首タオルは どんどん太る




    ここの紅茶、珍しく首タオルが絶賛!
    珍しくっていうのは、文句ばっかり言う首タオルにしては珍しくという意味です^^




    香りと渋みの バランスが良い
    理緒はセイロンでミルクティー、首タオルはダージリンをストレートで いただきました




    お土産に ダージリン買って帰りました




    まめすけを(無理やり) 抱っこして

    ご満悦の 首タオル

    | お出かけ | 11:17 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    ウォーター・ホース ☆☆☆☆

    ●監督● ジェイ・ラッセル

    ●出演● アレックス・エテル、エミリー・ワトソン、ベン・チャップリン、デヴィッド・モリッシー、ブライアン・コックス

    ●あらすじ● 第二次世界大戦の真っ只中。アンガスは、戦地へ行ったまま音信不通の父の帰りをひたすら待っていた。神話と伝説が息づき、美しい森と湖に囲まれたスコットランドの村で、母のアンと姉の3人で暮らしているアンガスだが、父のいない寂しさは誰にも埋めることはできなかった。ある日、アンガスはネス湖で青く光る卵を見つけて、秘かに持ち帰る。そこから生まれてきた生き物にアンガスは“クルーソー”と名付け、毎日のように食べ物を与えるのだった。やがて、イギリス軍が押し寄せ、マクマロウ家の広い屋敷が、ハミルトン大尉を始めとする将校たちの宿舎となる。ネス湖が注ぐ海に出没するナチの潜水艦を撃退するのが目的らしい。そんな中、成長したクルーソーは屋敷を駆け回り、姉や下働きとして雇われているモーブリーに見つかってしまう。クルーソーは、ケルト人の古い伝説に出てくる“ウォーター・ホース”であり、すぐにネス湖に放すべきだと、モーブリーはアンガスに忠告する。最初は嫌がっていたアンガスであったが、一晩ごとに成長するクルーソーの姿を見て渋々承諾するのだった。アンガスは大人たちの隙を見ては、ネス湖へクルーソーに会いに行く。ある日、クルーソーはアンガスを背中に乗せて湖中を泳ぎ出した。もはやクルーソーとアンガスは信頼と愛情でしっかりと結ばれていた。しかし、クルーソーを目撃した大人たちが、伝説の生き物を捕獲しようと計画、宣伝のために捏造写真まで撮影される。その後、兵士がクルーソーを敵の潜水艦と勘違いし、湖に向かって砲撃する。一方、アンガスは、クルーソーを大海原へ逃がそうと湖へと向かう。

    ●感想● 

    良かった~!

    アンガスを乗せて 自由の海に向かって泳いで、それを英軍が砲撃する場面… まさか泣くとは思わなかった(>_<)



    あとちょい! もうちょい! あぁ! ネットが! フリー・ウィリーやで! と思わず叫ぶ理緒。

    …本当に フリー・ウィリーだったw

    | あ行 | 00:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    | PAGE-SELECT |