FC2ブログ

    ♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥黒豆柴 黒豆柴まめすけと理緒の♪あんみつ日記♪ まめすけ♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥

    2011年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年02月

    | PAGE-SELECT |

    ≫ EDIT

    シン・レッド・ライン ☆☆☆

    ●監督● テレンス・マリック脚本

    ●出演● ショーン・ペン、ジム・カヴィーゼル、エイドリアン・ブロディ、ベン・チャップリン、ジョン・キューザック、イライアス・コティーズ、ニック・ノルティ、ジョン・サヴェージ、ジョン・C・ライリー、ジョージ・クルーニー、ジョン・トラヴォルタ、ミランダ・オットー

    ●あらすじ● 1942年、ソロモン諸島ガダルカナル島。アメリカ陸軍C中隊に属する二等兵ウィットはメラネシア系原住民に魅せられたかのように無許可離隊を繰り返していた。そんな彼を歴戦のつわものであるウェルシュ曹長は看護兵に配属した。さて、C中隊を率いるたたきあげの指揮官トール中佐は、クィンタード准将の見守る前で兵士を上陸させる。日本軍の守備隊がたてこもる内陸の丘の攻略にかかる中隊だが、敵の銃火の下、ケック軍曹はじめ兵士たちは次々に命を落とす。焦るトールの強引な突撃命令を、中隊長のスターロス大尉は部下を無駄死にさせたくないと拒絶した。結局、丘は戦場にあっても故郷に残した美しい妻の面影を胸に戦い続けるベル二等兵の決死の偵察とガフ大尉指揮の攻撃部隊の活躍でみごと陥落。トールはさらに奥の日本軍の本拠地も攻め落とさせた。作戦に成功した中隊だが、トールは命令に背いたスターロスを解任した。ひとときの休養の後、進軍を再開した中隊は今度はジャングルの中で日本軍に遭遇。看護兵から一兵卒に復帰していたウィットは自ら申し出て仲間3人で斥候に出たが、部隊をかばおうとして日本軍に包囲され命を落とした。ウェルシュは彼の墓の前にひざまづく。スターロスに代わり新たな中隊長のボッシュ大尉が赴任したが、戦闘はなおも続く。ウェルシュやベルは様々な思いを胸に島を離れるのだった。

    ●感想● 

    戦争映画なのに、美しい映像に音楽。




    激しい銃撃の最中でも、脳内に入り込んでくるフィロソフィー。




    美しい島の自然と愚かな人間の行為を まるで 映像のポエムを愛でるかのように 観ていると 妙な感覚にとらわれた。




    その昔、理緒の大好きな 『コンタクト』 のカール・セーガンの考案のもと、無人探査機ボイジャーに、宇宙人へのメッセージを録音したゴールデンレコードを搭載した。




    『シン・レッド・ライン』 を ゴールデンレコードにしたらいいんだって思った。



    | さ行 | 19:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    まめすけ 枚岡神社 & 花園中央公園


    枚岡公園 のバイオトイレに驚愕した後は
    枚岡神社 へ




    創祀は なんと初代天皇 神武天皇 の




    即位の3年前 紀元前660年!




    だから 宝物奉納有力者も凄い顔ぶれw

    堀川天皇 寛治5年  (1091年) 行幸 御馬・御幣・御太刀 奉納
    平清盛  永萬元年 (1165年) 神馬・御幣 奉納
    源義経  承安元年 (1171年) 太刀二振奉納
    源頼朝  建久元年 (1190年) 御剣・砂金奉納
    足利尊氏 暦応元年 (1338年) 宝物奉納




    拝殿





    恒例の おみくじ勝負!




    理緒=大吉♪




    首タオル=大吉…




    七五三 やっててん




    境内にいた 猫ちゃんを撫でる首タオル






    神社の次に 遊びに行ったのは




    近鉄花園ラグビー場
     のある




    花園中央公園
    …後ろの遊具 ラグビーボールやねん♪




    無料ドッグラン があるんです
    …写真 ちょっとわかりにくいけど、フェンスに 『ドッグラン』 って書いてるよ^^





    一人で 嬉しそうに走ったり





    理緒と遊んだりしてた まめすけやけど




    自分が ドッグランの中で




    1番 デカいワンコだと




    気付いた途端に




    ちょっと…




    いや かなり 偉そうに!




    調査 & ご挨拶(笑)




    調査調査!




    逃げるなワン!



    | お出かけ | 00:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

    | PAGE-SELECT |