FC2ブログ

    ♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥黒豆柴 黒豆柴まめすけと理緒の♪あんみつ日記♪ まめすけ♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥

    2011年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年02月

    | PAGE-SELECT |

    ≫ EDIT

    まめすけ 新しい動物病院(1110/2011) 


    今までお世話になっていた 動物病院が

    2011年12月で 閉院する事になりました


    そのニュースを聞いたのと同時期に、まめすけのシャンプーでお世話になっている トゥトゥヴィヴァン からも カフェ縮小の案内ハガキが。




    新しい動物病院を探すのに色々と考えて、病院と美容院と連携してセットで一箇所で済む方がいいなぁ… と思いました。

    それでネットで色々と探していて、通りがかりでも知っていた この病院に行って来ました。

    動物メディカルセンター箕面




    11月10日(木曜)、お買い物がてら 下見のつもりで行きました。HPには トリミングの料金が書いていないので、とりあえず料金と院内の雰囲気を調べようと。

    出かける時に まめすけも一緒に行きたさそうだったので、何となく乗せて行きました(下見のつもりなので最初は連れてく気はなかったのです)。

    行った時は お昼休み中だったが親切に対応して下さり、ちょうど今 先生の手があいているので、もしよかったら診察していかないか? と聞かれました。

    ここは、美容院だけの利用ができないシステム。シャンプーの時も 獣医師による健康診断を毎回してくれるそうです。まさに希望していた 『連携プレー』。

    まめすけの皮膚の状態もインターフェロン注射後、何も治療していない状況で、一進一退を繰り返していたし、待ち時間なしで診てもらえるなんてラッキー。まめすけを出かけるギリギリに連れて行く気になったのも運命な気がして、診察してもらう事にしました。(断りにくい弱気な性格なせいもある…)

    皮膚の “そうは検査(顕微鏡)” では寄生虫はいないとの事。アレルギー検査は 前の病院でした事を告げると、今度 検査結果を持ってきて下さいと言われました。

    治療方法だけれど、もともとステロイドが嫌だから ステロイド治療をせずにインターフェロン注射を選択したのだが、結局 効果はなかった。その経緯を話しました。

    まめすけの皮膚の状況を見て、短期間だけステロイドを使って症状を改善し、その後 量を減らし、シャンプーやサプリや生活習慣を気をつけることで治していきましょう…との事。

    過去に病院からステロイドと知らされずに使い続けて、えらい目に遭った理緒なので、『ステロイドは絶対嫌!』 でしたが、じっくり話し合って 今回納得して、治療を受ける事にしました。

    ステロイドが絶対悪なら、今の世の中 根絶しているはずやもんね。でも確実に存在している。上手に使えば、やはり素晴らしい薬なのでしょう。そう思って、やってみる事にしました。

    漢方を すすめてくれたブロ友さんがいて、かなり心が動かされたのだけれど、ちょっと こっちで頑張ってみます。ごめんなさい。でも そのブロ友さんも仰っていたし…、「ステロイドでボロボロになってしまってからでも 最終手段として漢方を受けても大丈夫だから」って。あっ、まめすけをボロボロにする気は勿論ないけれど、この言葉があるから、ちょっと頑張ってみようかなって思いました。

    インターフェロン注射で すっかり注射大嫌いになってしまったまめすけ。でも速やかに効果があるのは やはり注射らしく、まだ新しい場所で 何をされるか分かっていないので、えい!っとステロイドの注射も打ってもらいました。ちょっと嫌がったけれど、ギャーーーーンと鳴く事もなく終わって一安心。

    こんな バッグと




    ファイルと フードのサンプルと




    お薬も出ました
    ラリキシン250mg(抗生物質) ステロイドの粉薬

    | 病院美容院 & 箕面小野原周辺グルメ | 08:39 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    突然炎のごとく ☆★

    ●監督● フランソワ・トリュフォー脚本

    ●出演● ジャンヌ・モロー、オスカー・ウェルナー、アンリ・セール、マリー・デュボワ

    ●あらすじ● オーストリアの青年ジュールはフランス青年のジムと知り合い、友達になった。2人とも詩や小説を書いている文学青年だった。2人はある時、幻燈を見て、アドリア海の島にある美術公園の女神の顔に魅了された。それからしばらくして、2人はカトリーヌという女と知り合い、胸をときめかせた。彼女は島の彫像の顔と瓜ふたつだったからだ。ジュールは彼女との結婚を熱望して求婚し、2人はパリの同じアパートに住んだ。 ジムは出版社と契約ができて作家生活の第1歩をふみ出しだ。3人で芝居見物に行った帰り、ジュールが芝居の議論に熱中すると、カトリーヌは突然セーヌ河に飛び込んだりして2人を慌てさせた。やがて第一次世界大戦が始まり、ジュールとジムはそれぞれの祖国の軍人として戦線へ行ったが、ともに生きて祖国へ帰った。歳月は流れる。ライン河上流の田舎に住む山小屋にジムは招待された。その頃、ジュールとカトリーヌの間には6つになる娘もいたが、2人の間は冷えきっていた。ジュールはジムに彼女と結婚してくれと頼むのだったが、自分も側に置いてもらうという条件だった。そうすれば、彼女を完全に失わずに済むからだ。3人の奇妙な共同生活が始まった。カトリーヌには、ほかにも男がいた。ジムは瞬間しか人を愛せない彼女に絶望し、パリへ帰って昔の愛人とヨリを戻した。数ヶ月後、カトリーヌは自分の運転する車にジムを乗せて疾走させ、壊れた橋から転落して命を絶った。ジュールは2つの棺を火葬場に運ばせた。これでカトリーヌは永遠にジュールのものとなった。

    ●感想● 

    『君を愛してる』と 男は言った。

    『待って』と 女は言った。

    『私を抱いて』と 女は言いかけた。

    『もう用はない』と 男は言った。

    冒頭のこの言葉に おおおぉぉぉ! と感銘を受けたものの、そこから尻窄みに興味は薄れ…。

    ジャンヌ・モローに、魅力を感じない。

    『死刑台のエレベーター』 は非常に好きな作品だけれど、彼女が好きな訳ではないし…。

    大体、口角の下がった顔は好みではない




    ↑↓ 口角の下がっている 本作品でのジャンヌ・モロー ↓↑




    この顔を 綺麗とも可愛いとも思わないので、いくら自由奔放で気まぐれな女を演じても、鬱陶しく感じるだけだったw 

    美人には違いないが口角が下がっているから好きではない顔に デミ・ムーアがいる。




    『ア・フュー・グッドメン』 面白い作品です。



    連想ついでに… デミ・ムーアといえば やっぱりコレですな…^^;

    | た行 | 01:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    | PAGE-SELECT |