FC2ブログ

    ♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥黒豆柴 黒豆柴まめすけと理緒の♪あんみつ日記♪ まめすけ♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥

    2012年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年03月

    | PAGE-SELECT |

    ≫ EDIT

    戦争と平和 ☆☆

    ●監督● セルゲイ・ボンダルチュク製作脚本主演

    ●出演● リュドミラ・サベリーエワ、ヴャチェスラフ・チーホノフ、アナスタシャ・ヴェルティンスカヤ

    ●あらすじ● ロシアが生んだ文豪トルストイの古典的名作小説を、時のソ連映画界が総力を結集して映画化した、文字通りの超大作。ナポレオンによるロシア侵攻を背景に、名門貴族や農民などあらゆる階級の人々の運命が国の威信をかけた壮大なスケールで描かれていく。大河のごとき悠々たる流れの中、まさに本物の人海戦術を駆使したスペクタクル・シーンには圧倒される。ダイジェスト的だったハリウッド版とは比べ物にならない。監督はこの手の国家的大作を一手に引き受けていたセルゲイ・ボンダルチェク。モスクワ映画祭グランプリ受賞は当然としても、ナポレオンを当時冷戦の相手でもあったアメリカになぞらえてる節があるにも関わらず、アカデミー賞やゴールデングローブ賞などの外国語映画賞を受賞しているという事実は、ハリウッドでもなし得ない規模の大きさを認めざるを得なかったということか。その意味でも、もはや二度と実現不可能であろう真の超大作である。

    ●感想● 

    映画が最大の趣味である以上、いつかは観ないと…、と思い続けていたのが 『戦争と平和』。

    原作は 実は 高校の頃に 挫折…。思い起こせば、文学少女だった理緒が 名作から遠ざかった直接の原因になる作品が トルストイの 『戦争と平和』 だ。

    オードリー・ヘップバーンの 『戦争と平和』 は観ている。3時間弱の超大作だった。感想は ひとこと 『長い』。

    オードリー版でも 長く感じたのに、リュドミラ版は 7時間4分! 倍以上! 超超超大作! 一気に鑑賞するのは 時間的にも 体力的にも無理で 第一部・二部と 三部・四部の2回にわけて鑑賞。

    ソ連が 国を挙げて作っただけあって、スケールが物凄く、戦闘シーンなんか 何人おるん? 馬 何匹おるん! 状態やったけど、そりゃ凄いけどさぁ… アウステルリッツの戦いもボロディノの戦いも 全く興味がないねんもん…;; 何時間も戦闘シーン観てられへんよ。って 修行と思って観たけど…。

    やっぱ 映画好きとして 勝手気ままに偉そうにレビューなんぞ発表してるからには、『戦争と平和』。観ておかないとね。

    ほとんど いや100% 義務感で観ました! そして疲れました!

    ただ ピエールの涙を流しながらの静かな告白には 胸を打たれた。

    『もしも僕がこんな男でなく、世界一美男で 賢くて素晴らしい人間で しかも独身なら 今すぐひざまずいて あなたに求婚するでしょう。どうか愛をと…』


    残すは 『人間の條件』 だな…。9時間30分…。

    | さ行 | 18:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    まめすけ ホットドッグプレーンTシャツ


    365日着れる 犬の健康肌着




    ホットドッグプレーンTシャツ
    …全17色 12サイズ! 迷彩色が大人気! ←記事掲載時点で 売り切れてるから




    僕ちゃん 阪神ファンやのに…




    巨人のイメージカラーやけどw




    久遠ママさん
    の好きな色やから いっかぁ^^



    | グッズ | 00:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

    | PAGE-SELECT |