FC2ブログ

    ♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥黒豆柴 黒豆柴まめすけと理緒の♪あんみつ日記♪ まめすけ♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥

    2013年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年05月

    | PAGE-SELECT |

    ≫ EDIT

    神戸北野亭ビーフカリー 凄辛


    神戸北野亭ビーフカリー 凄辛


    神戸北野亭ビーフカリー1


    厳選された牛肉と、手間ひまかけてソテーした玉ねぎと たっぷりの香辛料でじっくり煮込んだ本格派凄辛カレー

    神戸北野亭ビーフカリー2


    凄辛 スゴカラ やってw


    神戸北野亭ビーフカリー7


    中辛の上は 辛口 大辛 激辛とか言うけど 凄辛ってあんま言わへんような…w

    神戸北野亭ビーフカリー8


    コトコトコトコト…


    神戸北野亭ビーフカリー3


    出来上がり♪


    神戸北野亭ビーフカリー4


    確かに 辛い!


    神戸北野亭ビーフカリー5


    最初は そんな辛くないやんって思ったけど、しばらくして キター! ピリピリピリピリ。
    後頭部が スースーしてきた。

    お店の辛いカレーみたいで 美味しいが…、辛いのでw

    神戸北野亭ビーフカリー6


    久々に まろやかアイテム 生卵投入!


    神戸北野亭ビーフカリー9


    これで お子ちゃま理緒も 美味しく食べられました^^

    神戸北野亭ビーフカリー10

    | カレー | 19:00 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    エド・ウッド ☆☆☆

    ●監督● ティム・バートン製作

    ●出演● ジョニー・デップ、マーティン・ランドー、サラ・ジェシカ・パーカー、パトリシア・アークエット、ジェフリー・ジョーンズ、G・D・スプラドリン、ヴィンセント・ドノフリオ、ビル・マーレイ

    ●あらすじ● 実在の映画監督で、“史上最低の監督”と謳われた、エドワード・D・ウッド・ジュニア…通称エド・ウッドの伝記的作品。50年代のハリウッド。スタジオの片隅で使い走りをしながら、映画監督になる日を夢見て働いていた映画青年エドは、ある日業界誌に載った性転換をした男性の物語の映画化を知り、矢も楯もたまらず そのプロデュサーのもとへ押しかけた。本物の服装倒錯者だったエドは、シナリオを3日間で書き上げ、ふとしたきっかけで知り合った往年のドラキュラ俳優、ベラ・ルゴシを出演させることを条件に資金を調達、その映画 「グレンとグレンダ」 で監督デビューを飾るが……。心から映画を愛し、夢を追い続け、そして史上最低の映画監督と謳われた男エド・ウッド。お堅い伝記作品というよりも、自身も彼の同類であると自認する製作・監督のティム・バートンが、そんな彼のキャラクターに重点を置き、ユーモアを持って、実に温かい目で描いた秀作。

    ●感想● 
    エド・ウッド1


    エド・ウッド


    エド・ウッド2


    史上最低の監督 と 称された男


    エド・ウッド3


    確かに 最低の映画を撮っているけど


    エド・ウッド4


    最高のプロポーズをする男だった


    エド・ウッド: Say, let's get married. (結婚しよう)

    キャシー: Huh?  (え?)

    エド・ウッド: Right now. Let's go to Vegas. (今すぐにだ)

    キャシー: But, Eddie, it's pouring and the car top is stuck.  (でも 車のほろもない)

    エド・ウッド: Phooey. It's only a five hour drive and it'll probably stop by the time we get to the desert. Heck, it'll probably stop by the time we get around the corner. Let's go. (ベガスへ向かえば 途中で晴れる。こんな雨 すぐやむよ、行こう)


    | あ行 | 07:00 | comments:12 | trackbacks(-) | TOP↑

    | PAGE-SELECT |