FC2ブログ

    ♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥黒豆柴 黒豆柴まめすけと理緒の♪あんみつ日記♪ まめすけ♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥

    2013年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年10月

    | PAGE-SELECT |

    ≫ EDIT

    まめすけ 三重名張旅行⑥ 赤目温泉 『山水園』 伊賀牛会席

    まめすけ 三重名張旅行① 忍者れすとらん 『大日屋』 
    まめすけ 三重名張旅行② 赤目四十八滝 前編 
    まめすけ 三重名張旅行③ 赤目四十八滝 中編
    まめすけ 三重名張旅行④ 赤目四十八滝 後編 
    まめすけ 三重名張旅行⑤ 赤目温泉 『山水園』 トレーラーハウス の続きやワン^^

    山水園伊賀牛懐石1


    山水園 に泊まった理緒家

    トレーラーハウスのある第2駐車場から 移動中

    山水園伊賀牛懐石2


    夕食は 本館の

    浴衣にリュック…

    山水園伊賀牛懐石3


    お食事処 忍者屋敷へ!

    まめすけは トレーラーハウスでお留守番です

    山水園伊賀牛懐石4


    とっとと 席につくタオル

    山水園伊賀牛懐石5


    雲は流れ 陽が流れ 風が流れて さわやかな自然の目覚め 赤目の連山 清いせせらぎの音に 人生は 心をやすらげ ふと立寄る いで湯の館 赤目 山水園

    山水園伊賀牛懐石6


    お飲み物

    ブログネタに 地ビール「忍泡」 を飲めと命じたが…

    山水園伊賀牛懐石7


    僕は 絶対 キリン生中! by.首タオル


    山水園伊賀牛懐石8


    ふっはー!


    山水園伊賀牛懐石9


    山水園伊賀牛懐石10


    山水園伊賀牛懐石11


    山水園伊賀牛懐石12


    山水園伊賀牛懐石13


    お待ちかね! 伊賀牛の網焼き


    山水園伊賀牛懐石14


    肉色鮮やか初霜の如し


    山水園伊賀牛懐石15


    食して柔らかく風味よし


    山水園伊賀牛懐石17


    とっても 美味しかったです! 普通のお食事から 伊賀牛会席にグレードアップした甲斐がありました

    山水園伊賀牛懐石18


    理緒の2杯目 ジンジャーエール…ちなみに 一杯目は 梅のチューハイ

    山水園伊賀牛懐石16


    山水園伊賀牛懐石19


    山水園伊賀牛懐石20


    山水園伊賀牛懐石21


    山水園伊賀牛懐石22


    うにの茶碗蒸し


    山水園伊賀牛懐石23


    山水園伊賀牛懐石24


    山水園伊賀牛懐石25


    ごちそうさまでした♪


    山水園伊賀牛懐石26


    売店へ


    山水園伊賀牛懐石27


    山水園伊賀牛懐石28


    蔵元 若戎サイダー


    山水園伊賀牛懐石29


    伊賀忍者携帯食 干し肉


    山水園伊賀牛懐石30


    まめすけの待つ トレーラーハウスへ 一旦戻り 

    山水園伊賀牛懐石31


    理緒は 温泉へ


    山水園伊賀牛懐石32


    お風呂から帰ると 首タオルは寝てました


    山水園伊賀牛懐石33


    理緒も 寝ました


    山水園伊賀牛懐石34


    まめすけも 寝ました


    山水園伊賀牛懐石35


    僕ちゃんは 理緒のそばが いいんだワン

    首タオルが 自分の寝てる ソファーベッドのそばで寝させようと 無理やり まめすけ! ココ! 伏せ!とかやってましたが、何度やっても まめすけは この場所に戻ってきました

    山水園伊賀牛懐石36


    おはようございます♪


    山水園伊賀牛懐石37


    再び 本館のお食事処 『忍者屋敷』 で

    朝食です♪


    山水園伊賀牛懐石38


    伊賀米こしひかり 美味しかった!


    山水園伊賀牛懐石39


    To Be Continued…。


    山水園伊賀牛懐石40

    | 旅行 | 19:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    ヘッドハンター ☆☆☆

    ●監督● クリストファー・タボリ

    ●出演● クリスチャン・スレイター、マイケル・クラーク・ダンカン、ギル・ベローズ、エステラ・ウォーレン

    ●あらすじ● 優秀な人材を高収入などをエサに引き抜き、大企業に斡旋する “ヘッドハンティング” を生業とするヴィンセント。彼が新たに目を付けた男は、情報テクノロジー分野で画期的な発明をしたベン・キーツ。さっそく金銭面の条件を提示し、相手の出方を探るヴィンセント。しかし社長に恩義を感じ、現在の会社で何の不満もないベンは、そのオファーをあっさりと拒絶する。しかしヴィンセントは、狙った獲物は決して逃したことはなく、場合によっては殺人さえも厭わない、あまりにも危険すぎる男だったのだ…。

    ●感想● 

    こんなヘッドハンター おらんやろって言いたいが…、クリスチャン・スレイターやったら 大いにあり得るw

    サングラスの奥の眼球が 怪しさを物語る クリスチャン・スレイター

    PURSUED2.jpg


    ってかさ… ちょっと一瞬

    『もう 転職しちゃえばw』 って

    クリスチャン・スレイターの味方してしまった



    こういう 偏執狂に付け狙われて えらい目に遭う映画って ミザリーとか 危険な情事とか あるけどさ、間違っても キャシー・ベイツや  グレン・クローズに味方しないよね。

    クリスチャン・スレイターの怪演(本人的には素) に加え、ベンが 『ほんとに あなた その何とかって言う凄いDNAプラズマコード衛星探索追跡装置を発明したんですか?』 みたいな モサモサした非オーラ発散人物でなぁ…。

    クライマックスで 発明した装置を使う! キター!って思ったら え!? すぐ近くにいるぞ!って たった それだけ? www。 

    明らかに ただの監視カメラの方が 役に立ってたよね…w

    | は行 | 07:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

    | PAGE-SELECT |