FC2ブログ

    ♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥黒豆柴 黒豆柴まめすけと理緒の♪あんみつ日記♪ まめすけ♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥

    2020年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年11月

    | PAGE-SELECT |

    ≫ EDIT

    セブン・イヤーズ・イン・チベット ☆☆☆☆★

    ●監督● ジャン=ジャック・アノー製作

    ●出演● ブラッド・ピット、デヴィッド・シューリス、B・D・ウォン、マコ、ダニー・デンゾンパ、ジャムヤン・ジャムツォ・ワンジュク

    ●あらすじ● 実在したオーストリアの世界的登山家ハインリヒ・ハラーの原作を映画化した一大叙事詩。神秘的な禁断の地・チベットを舞台に、ひとりの登山家がたどる魂の遍歴を描く。
    1939年、世界最高峰の制覇を目指しヒマラヤ山脈へと向かった登山家ハラー。だが彼は第二次世界大戦の勃発により、イギリス軍の捕虜となってしまう。登山仲間とともに、ヒマラヤ山脈を越える決死の脱出を図るハラーたち。そして逃亡の果て彼らは、チベットの聖地へとたどり着く。

    ●感想●
    SEVEN YEARS IN TIBET1


    ブラッド・ピット主演の作品で一番好きなものが、本作です。

    何故ならば、作中に出てくるダライ・ラマの言葉に 幾たびも助けられて生きてきたから。

    SEVEN YEARS IN TIBET5


    We have a saying in Tibet.

    チベットには こんな諺があります。

    SEVEN YEARS IN TIBET2


    If a problem can be solved

    there is no use worrying about it.

    いずれ解決できる問題を あれこれ悩むのは無駄なことです。悩まなくても解決するのだから。

    SEVEN YEARS IN TIBET3


    If it can't be solved,

    worrying will do no good.

    そして解決することができない問題を くよくよ悩むのも無駄なことです。いくら悩んでも解決できないのだから。…悩むのは無駄なことなのです。

    SEVEN YEARS IN TIBET4

    | さ行 | 19:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    | PAGE-SELECT |