FC2ブログ

    ♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥黒豆柴 黒豆柴まめすけと理緒の♪あんみつ日記♪ まめすけ♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    ダンボ ☆☆

    ●監督● ベン・シャープスティーン

    ●出演● エドワード・ブロフィ(声)、ハーマン・ビング(声)、ヴァーナ・フェルトン(声)

    ●あらすじ● サーカスの象のジャンボのもとに、コウノトリが一匹の赤ちゃん象を届ける。ジャンボはその小象にジャンボ・ジュニアと名づけたが、耳がとても大きく珍しい外見だったので、他の象達に笑われダンボというあだ名をつけられてしまう。それでもジャンボは愛情をたっぷり注ぎ、可愛い我が子ダンボを大切に育てた。ある日、サーカスを見に来た子供にダンボが耳を引っ張られいじめられているのを見て、母親象のジャンボはたまらずその子供に暴力を振るってしまう。サーカス団員がそれを止めに来るが、興奮したジャンボは思わず団長を投げ飛ばしてしまい、凶暴な象として檻に入れられてしまう。耳が大きいだけで化け物扱いされていたダンボは誰にも慰めてもらえず、悲しみのどん底に落ちる。これを放っておけなかったサーカス団員のネズミ、ティモシー(チモシーマウス) はダンボを助ける為、ダンボをサーカスのスターにする事を提案。象のピラミッドの頂上へジャンプさせる事を思いつくが、失敗してしまいサーカスをめちゃくちゃに壊してしまう。この事で惨めな道化役にされてしまったダンボを、ティモシーは檻にいるジャンボに会わせて元気づけようとする。その帰りにとあるきっかけで一緒にピエロたちが落としたお酒の混ざった水を飲んでしまい、ピンクの象達が踊る変な夢を見てしまう。そして気がついてみると、何とダンボたちは高い木の上にいた。ダンボがその大きな耳で飛ぶことができると気付いたティモシーは、カラスたちの協力もあり、ダンボをサーカスで飛ばせることに成功する。勇気を振り絞りサーカスでも飛んで見せたダンボはアメリカ中の人気者になり、最後は開放された母のジャンボともめでたく再会する。ちなみに、ティモシーはハリウッドと契約を結んだ。

    ●感想● ジャンボが マッド・エレファントとして隔離されてしまうところは、本当に悲しい。

    ラストは もう少しゆっくりと 成功を描いて欲しかった。

    その分 途中の 酔っ払い ピンクパラレル

    ワールドを 削っても 良いからw
    あれ 一歩間違えたら… いや 間違わなくても 悪夢やろw

    | た行 | 09:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT