FC2ブログ

    ♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥黒豆柴 黒豆柴まめすけと理緒の♪あんみつ日記♪ まめすけ♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    コンフェッション ☆

    ●監督● ジョージ・クルーニー出演

    ●出演● サム・ロックウェル、ドリュー・バリモア、ジュリア・ロバーツ、ルトガー・ハウアー

    ●あらすじ● 70年代アメリカにおいて、テレビ番組 『ゴング・ショー』 などで一世を風靡し、お茶の間の人気者だった伝説のプロデューサー兼司会者のチャック・バリスが、自らCIAの秘密工作員をしていたと語った衝撃の告白本(真偽のほどは不明) を基に、俳優ジョージ・クルーニーが初監督に挑んだサスペンス・ドラマ。脚本は 「マルコヴィッチの穴」 のチャーリー・カウフマン。主演は 「グリーンマイル」 のサム・ロックウェル。1960年代、アメリカ。いち早くテレビの可能性に着目し、そこでの成功を夢見るチャックは、色々な番組企画を発案してテレビ局に売り込んだ。しかし、いずれも採用されることはなく、優しい恋人ペニーに慰められる日々が続く。自信満々で持ち込んだ視聴者参加型テレビショーの企画も結局は日の目を見ずに終わる。失意のあまり、バーに入り浸るチャック。ところがそんな時、彼の前に謎の男ジムが現われる。ジムはチャックに近づくと、高い報酬と引き換えにある仕事を持ちかける。それはCIA工作員となり合衆国にとって邪魔な人物を抹殺すると言うものだった…。

    ●感想● 面白くない。大体 『ゴング・ショー』 も チャック・バリスも知らない^^;

    『マルコヴィッチの穴』 が、めっちゃ面白かったので期待したけれど…、これは チャックの自伝が面白くないのだろうな。

    オーシャンズ繋がりの ブラピとマット・デイモンのカメオ出演の場面…、あの ついたての向こうの女の人、あほやなぁ、3番選ぶなんて。1番ブラピ、2番マット・デイモンやで。ついたてが倒れていたら 泣いて悔しがったやろうな。

    まぁ くだらなかったが、毒入りコーヒーの場面と、ジョージ・クルーニーの死の場面は良かった。

    | か行 | 18:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT