FC2ブログ

    ♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥黒豆柴 黒豆柴まめすけと理緒の♪あんみつ日記♪ まめすけ♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    ノウイング ☆☆☆

    ●監督● アレックス・プロヤス製作

    ●出演● ニコラス・ケイジ、ローズ・バーン、チャンドラー・カンタベリー、ララ・ロビンソン

    ●あらすじ● ジョン・ケストラーはMITの宇宙物理学者。あるとき、息子のケイレブが通う学校で、タイムカプセルを掘り出す記念行事が行われる。カプセルの中には、50年前の生徒たちが作った未来想像図が収められていた。生徒一人一人にその中身が配られるが、ケイレブが手にしたのは一見不規則に数字が羅列された一枚の紙だった。子どもが書いたとは思えないその内容に興味を持ったジョンは、数列には意味があるではないかと、検証を行う。そして、彼が目に止めたのは”299691101”という数字。それは、米国に同時多発テロが起きた日付、そして2996人という犠牲者の数と一致していた。慌てて他の数列も確認すると、過去に起きたあらゆる大惨事の日付、犠牲者数と一致していることが判明。その中には、ジョンが妻を亡くした2年前のホテル火災も含まれていた。愕然とするジョンだったが、そこには過去だけでなく、未来の大惨事も予告されていた。それらを未然に防げないかと、81人が死亡すると予告されている場所へ向かう。そこでは、既に自動車による玉突き事故が発生していたが、死者はゼロ。自分の思い過ごしかと安心したその瞬間。頭上を通過した旅客機がすぐそばに墜落する……。仮説が確信へと変わり、ジョンは数列の解読を進めていく。だがその結果、彼が導き出した答えは“地球消滅”。未来のために、息子のために彼はどう行動するのか?そして、避けることのできない“地球消滅”のXデーに向けて、人類は一体何を残せるのだろうか?

    ●感想● 最初、めっちゃ面白くて興奮した。

    こういうの好き~! ニコラス・ケイジ好き~! いや~ 星4個以上確実やな~! 

    そして ベッドの裏の EE Everyone Else!!! 

    …と思いきや 

    まさかの 口から太陽拳で 興ざめ…



    脚本 破綻しすぎ…。

    理緒も 地球が燃え尽きるときは 本当に愛し合っている人と 抱き合って死にたいと思いました。

    | な行 | 22:21 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    ニュー・シネマ・パラダイス ☆☆☆☆☆

    ●監督● ジュゼッペ・トルナトーレ脚本

    ●出演● フィリップ・ノワレ、ジャック・ペラン、サルヴァトーレ・カシオ、マルコ・レオナルディ、アニェーゼ・ナーノ、ブリジット・フォッセー

    ●あらすじ● 現在のローマ。夜遅く帰宅した映画監督のサルヴァトーレ・ディ・ヴィータは、留守中に母からアルフレードが死んだという電話がかかっていた事を知らされる。その名を耳にした途端、サルヴァトーレの脳裏には、シチリアのジャンカルド村での少年時代の思い出が甦るのだった。当時、母マリアと妹の三人暮らしだったサルヴァトーレはトトと呼ばれ、母親に頼まれた買物の金で映画を観るほどの映画好きだった。そんなトトを魅了していたのは映画館パラダイス座の映写室であり、また映写技師のアルフレードたった。パラダイス座には司祭の検閲があり、そのせいで村の人々はこれまで映画のキス・シーンを見たことがなかった。トトはいつも映写室に入り込む機会を窺っていたが、アルフレードは彼を追い返そうとする。が、そのうち2人の間には不思議な友情の絆が結ばれてゆき、トトは映写室でカットされたフィルムを宝物にして集めるのだった。しかしある日、フィルムに火がつき、パラダイス座は瞬く間に燃え尽きてしまう。そしてトトの懸命の救出にもかかわらず、アルフレードは火傷が原因で失明してしまうのだった。やがてパラダイス座は再建され、アルフレードに代わってトトが映写技師になった。もはや検閲もなく、フィルムも不燃性になっていた。青年に成長したトトは、銀行家の娘エレナに恋をし、やがて愛を成就させ幸せなひと夏を過ごすが、彼女の父親は2人の恋愛を認めようとせずパレルモに引っ越しし、トトは兵役についた。除隊後村に戻ってきたトトの前にエレナが2度と姿を現わすことはなかった。アルフレードに勧められ、トトが故郷の町を離れて30年の月日が経っていた。アルフレードの葬儀に出席するためにジャンカルド村に戻ってきたトトは、駐車場に姿を変えようとしている荒れ果てたパラダイス座で物思いに耽るのだった。試写室でアルフレードの形見のフィルムを見つめるサルヴァトーレの瞳に、いつしか涙があふれ出す。それは検閲でカットされたキス・シーンのフィルムを繋げたものであった。

    ●感想●
     
    この映画を観ずして

    映画好きと語ることなかれ

    いや~ 泣いた。泣いた。久し振りに観たけれど泣いた。もう 最初の母の 『あの子は忘れる訳ない』 ってセリフだけで鼻ツーン…。

    ただ、途中で違和感が。あれ?こんなトトとエレナの恋愛話 多かったっけ?ええええええっ!エレナの今の姿なんかあったけ??

    …何と、今まで理緒が何回か鑑賞していたのは、劇場公開版2時間くらいのものだったのです。今回鑑賞したのは、3時間完全版らしい…。道理で 思っていた時間に終わらない訳ですw

    これはこれで、トトとエレナの愛の話に涙して良かったけれど、その分、この映画の真骨頂 ラストのキスシーンフィルムの感動が少し薄れるかも。

    しかし 素晴らしい事に変わりはない。

    理緒も いつか愛する人と素晴らしいキスをするぞ!!!…と憧れながら 映画のキスシーンを観始めて はや何年経つだろうか(涙)

    | な行 | 21:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛 ☆★

    ●監督● アンドリュー・アダムソン製作脚本

    ●出演● ジョージー・ヘンリー、スキャンダー・ケインズ、ウィリアム・モーズリー、アナ・ポップルウェル、ベン・バーンズ、リーアム・ニーソン(声)

    ●あらすじ● 偉大な王アスランと “伝説の四人の王” ペベンシー4兄妹によって平和と繁栄をもたらしたナルニア国。だが、あれからナルニア暦にして1300年経った今、かつての美しい国の姿は見る影もなく、戦闘民族テルマール人に侵略・支配され、生き残ったナルニアの民は深い森の奥に追いやられていた。また先王亡きあと摂政を務める弟のミラースは王位を奪おうと、正統な王位継承者であるカスピアン王子の暗殺を画策。一方、小さな象牙の角笛を手にミラースの追っ手を逃れるカスピアン。その笛の音は、ナルニアに危機が迫る時、“伝説の四人の王” を呼び戻すと信じられていた。やがて追い詰められたカスピアンがついにその角笛を吹き、それは時を越えて鳴り響く…。

    ●感想● 

    カスピアン王子が

    かっこいいのが 唯一の救い…

    ってか アスランの行動、言動が意味不明。4兄妹が好きになれない… ←致命的

    指輪で 実は密かに一番好きなキャラクター 『エント』 の真似っぽいのが出ていたけれど…。

    アレ 何じゃw

    | な行 | 20:38 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    ナイル殺人事件 ☆☆☆☆

    ●監督● ジョン・ギラーミン製作

    ●出演● ピーター・ユスティノフ、ベティ・デイヴィス、マギー・スミス、ミア・ファロー、アンジェラ・ランズベリー、ジョージ・ケネディ、オリヴィア・ハッセー、ジョン・フィンチ、デヴィッド・ニーヴン、ジェーン・バーキン、ジャック・ウォーデン

    ●あらすじ● 美貌と聡明さを兼ね備えた上、つい最近莫大な遺産を相続したリネット・リッジウェイは、親友ジャクリーンの婚約者と突然婚約をし、人目を避けてエジプトへハネムーンに旅立った。しかし豪華客船カルナーク号には、彼女に何らかの利害関係や遺恨、ないし敵意を抱いている者たちが勢揃いしていた…。

    ●感想● 



    原作が好きだし

    ジャッキーは

    ミア・ファロー以外 考えられない!

    しかし!ポアロの ピーター・ユスティノフが全然違う!!

    ポアロは小男で 卵型の頭で 髪が黒いの!

    ピーター・ユスティノフは、金髪の大男じゃないか! 

    それから ユスティノフ・ポアロが、サイモンの食べ残しの食事を頂く場面があるが 有り得ない!美食家であるポアロを強調したく、原作にない場面を作ったのだろうけれど、非常に違和感が残る。

    ポアロの美食(甘すぎるきらいがあるが(笑)) と、人様の物まで手を出す 『いやしんぼ』 とは 全然別物である!

    | な行 | 15:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    20世紀少年<最終章>ぼくらの旗 ☆☆★

    ●監督● 堤幸彦

    ●出演● 唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子、香川照之、平愛梨、藤木直人、石塚英彦、宮迫博之、佐々木蔵之介、佐野史郎、小池栄子、黒木瞳

    ●あらすじ● “ともだち暦3年" と称される西暦2017年。殺人ウイルス散布計画の成功により、“ともだち" は “世界大統領" を名乗り、支配者として君臨していた。ウイルスの蔓延により聳え立つ壁で外界と分断された東京では、都民の行動は完全に制限。彼らに向かって、“ともだち" は呼びかける。“8月20日正午、人類は宇宙人に滅ぼされる。私を信じるものだけが救われる" と。“ともだち" の計画が着々と進行する一方で、かつてその陰謀を阻止しようとしたケンヂの仲間たちは、追跡を逃れ、身を潜めていた。だが、ケンヂは相変わらず生死不明のまま。反政府組織 “ゲンジ一派" を率いるヨシツネの元を離れたケンヂの姪カンナは、より過激化した “氷の女王一派" を組織し、武装蜂起を企てる。彼女の身を案じつつも、その暴走を止められずにいる母親代わりのユキジ。マルオは、国民的歌手の春波夫と行動を共にするうちに、行方不明だったケンヂの姉キリコの居場所を突き止める。そしてそこには、同窓会以降失踪していたケロヨンの姿があった。その頃、分断された壁の向こうでは、ある男が厳重警備の関所を越えようとしていた。ギターを抱え、“矢吹丈" と名乗るその男は “カンナに会いに行く" と呟く。ケンヂは生きているのか?8月20日に “ともだち" が企てる最後の計画とは?そして、“ともだち" の正体とは?

    ●感想● 何て言えば良いだろうか…。んーーーー、まぁ 一言で言うと

    微妙…

    まぁ 原作を知らないし、浦沢直樹を特にリスペクトしいる訳ではないし…、昔 深夜にやっていた 『MONSTER』 はハマッたけれど…。大体 あの有名な YAWARA!ちゃんかって 全然知らないくらいでw 

    万博も 生まれていないから知らないしなぁ;; 太陽の塔は 大阪にいるから 愛着があるけれど。

    ってな訳で、3作にわたって繰り広げられた中で 唯一興味があったのは 『ともだちが誰か?』 って事。

    …で 分かったけれどさ~、んーーーー、そうなの…。フナの解剖の前に死んだって言われていた子ね!見事に コイツ誰やねん! やったなぁ…。

    まぁ あんた誰やねん!扱いされて 死んでいないのに死んだ事にされて、それで ひいては こんな大犯罪者になっちゃったのだからねぇ…。

    どうでもいいけれど、中学時代のカツマタくんは めっちゃ好みやわ~!いつでも友達になってあげるよ!

    | な行 | 15:24 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    20世紀少年<第2章>最後の希望 ☆☆☆

    ●監督● 堤幸彦

    ●出演● 豊川悦司、常盤貴子、平愛梨、香川照之、藤木直人、石塚英彦、宇梶剛士、小日向文世、佐々木蔵之介、ユースケ・サンタマリア

    ●あらすじ● 2015年、人類滅亡計画を阻止しようとしたケンヂたちの活躍はテロ行為とされ、ともだち教団の友民党は躍進を続けていた。ケンヂの姪であるカンナは高校生に成長し、ユキジに面倒を見てもらいながらも逞しく自活していた。ケンヂの行動を信じるカンナは、“ともだち" によって支配されつつある国家に強い反感を抱いている。ローマ法王とも会見できる権力者となった“ともだち" は、日本でEXPO 2015を開催しようとしていた。ある日、“ともだち" の重要な秘密を知るニューハーフを救ったカンナは、刑事の蝶野と知り合う。伝説の刑事の孫である蝶野は、向こう見ずなカンナの言動に感じるものがあり、彼女を庇うようになっていく。一方、海ほたる刑務所に幽閉されていたオッチョは、角田と二人で脱獄に成功する。オッチョは、ケンヂの意志を継いで “ともだち" の正体を暴こうとしていた。「しんよげんの書」に沿って、操作されていく世の中。それに逆らうため、カンナと小泉響子と「ともだちランド」に潜入した。そこは、反抗分子たちを洗脳していく施設だった。オッチョと出会ったカンナは、“ともだち" の街頭パレードに参加する。彼女は、“ともだち" と対決する決意だった。しかし、その場で “ともだち" の命を奪ったのは、友民党の13号の凶弾だった。EXPO2015の開催式は、“ともだち" の葬儀と重ねて行われることになる。その式場で、死んでいたはずの “ともだち" は再生を果たす。この奇跡によって、“ともだち" は神となった。その後、世界各地で行われた毒ガス・テロによって、人類は滅亡の危機を迎える。誰が生き残っているのか?しかし、北海道の奥地では、行方不明になっていたケンヂが元気に生きていた。

    ●感想● テレビスペシャル版の 20世紀少年 ~もう一つの第2章~ とは、かなり内容が違っていて 驚いた。

    ニュハーフの場面なんかなかったし、カジノの場面が 結構痛快かつ カンナの性格を表現していて面白かったのに、今回はなかった。

    20世紀少年 -第1章- 終わりの始まり を観た時に、ともだちは サダキヨ?って思ったけれど、何か物凄い顔の サダキヨが出てきて ともだちと違うかったし(涙) 

    オッチョが 『おまえ、あいつか!』 って言うけれど、こういうのって ちゃんと何回も登場していて 係わり合いのある人物が犯人じゃないと 白けるのだけれどさ。ケンヂやオッチョの仲間か 仲間じゃないにしても かなり係わり合いが深かった人物じゃないと、面白くない。でも 『あいつか!』 ってセリフに 何か嫌な予感がする。もしかして 全然、今までに登場しなかった人物じゃないだろうな。普通の犯人探しの映画でも 『この人が犯人でしたー!』 えええええっ コイツ誰やねん!ってずっこける事があるけれど、そのパターンだったら 腹立つなぁw 何せ、3部作にまたがって 犯人探しを やらされているのだからw

    | な行 | 14:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    ナショナル・トレジャー2/リンカーン暗殺者の日記 ☆☆☆

    ●監督● ジョン・タートルトーブ製作

    ●出演● ニコラス・ケイジ、ジョン・ヴォイト、エド・ハリス、ダイアン・クルーガー、ハーヴェイ・カイテル、ジャスティン・バーサ、ヘレン・ミレン

    ●あらすじ● 歴史学者でありトレジャー・ハンターでもあるベンジャミン・ゲイツの祖父に、リンカーン大統領暗殺事件の真犯人という汚名が着せられた。それを唱えるのは、リンカーン暗殺者の日記を持つウィルキンソンだった。先祖が被った汚名を雪ぐために、ベンは真相の究明を決意する。相棒の天才ハッカーのラリーと破局寸前の恋人アビゲイル、さらには離婚して険悪な関係にある父のパトリックと母のエミリーの協力も得て、ウィルキンソンが博物館に寄贈した日記に隠された暗号を次々に解いていくベン。そしてたどり着いたのは、アメリカ合衆国の大統領に代々伝えられる“大統領秘密文書"の存在だった。大統領だけが読むことが許されているその書には、JFK暗殺の黒幕やウォーターゲート事件の真相など、アメリカの秘密のすべてが記されているという伝説の一冊だった。その存在を確認するため、ベンは大統領と対面する。彼の熱意を認めた大統領は “大統領秘密文書" の保管場所を教えるが、同時にベンたちは大統領誘拐犯として国防省、FBI、CIAとあらゆる機関から追われる身となる。“大統領秘密文書" を解析し、アメリカ先住民が残した最大の遺産のありかをベンたちは発見する。そこに現れるウィルキンソン。実は彼は日記の暗号を解くためにベンを利用したのだった。実在した黄金都市に驚喜するウィルキンソンだが、仕掛けられた罠に嵌って一命を落とす。彼もまた、ひとりの優れたトレジャー・ハンターだった。莫大な財宝をアメリカに納めたベンの愛国心を、大統領は讃える。そして祖父の汚名も晴らされるのであった。

    ●感想● 無難に スルーっと楽しめる作品。もちろん この手の作品にありがちな 突っ込みどころは満載なのだけれど、それは言い出したらキリがないし、そういう事を気にしていたら作品を楽しめない!

    でも、でも、でも~~~~~!!!

    いくら何でも

    ペットボトルの水で 見つけるか!?

    それから 私の大好きなエド・ハリス、黄金目当てと違うかったんかいw 
    急に 良いヤツになるなよぉ~~~~~!!!(涙)

    | な行 | 10:53 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    ノートルダムの鐘 ☆☆☆☆★

    ●監督● ゲイリー・トルースデール、カーク・ワイズ

    ●出演● トム・ハルス(声)、デミ・ムーア(声)、トニー・ジェイ(声)、ケヴィン・クライン(声)

    ●あらすじ● 15世紀末のパリ。街の中心にそびえ立つノートルダム大聖堂の鐘楼に、カジモドという鐘つき男が住んでいた。両親は彼が赤ん坊の時に、時の権力者で最高裁判事のフロローに殺されたが、その時に司祭との約束でフロローはカジモドを引き取った。カジモドはその醜い容貌ゆえ塔に閉じ込められ、外界と隔離されて育った。彼だけに話し掛ける3体の石像を唯一の心の友とし、塔の上から下界を眺めて暮らす日々だったが、純粋な心は常に自由を夢見ていた。年に一度の祭の日。浮かれ騒ぐ人々の様子に我慢できなくなったカジモドは、生まれて初めて鐘楼を抜け出した。“道化の王"コンテストで、美しいジプシー娘の踊り子エスメラルダに手を引かれ舞台に上がったカジモドは、道化の王に選ばれる。人々に讚えられ有頂天になるカジモドだったが、彼が仮装をしていないことが分かると称賛は残酷な嘲笑に変わり、彼は逃げるようにしてその場を去った。腹を立てたフロローは、新しく近衛隊長に就任した勇士フィーバスに、カジモドをかばったエスメラルダの逮捕を命じる。だが、彼女はいかなる権力も行使できない聖域であるノートルダム大聖堂に逃げ込んだ。カジモドは醜い自分を差別せず、優しい言葉をかけてくれたエスメラルダに初めての愛を感じ、彼女を逃がした。一方、エスメラルダの美しさに邪悪な欲望を感じたフロローは、兵士たちに彼女の捜索を命じる。民家に火を放ち、街の人々を迫害するフロローのやり方に憤激したフィーバスは、罪なき人々を助ける。フロローに命を狙われ重傷を負った彼は、エスメラルダに救われ、大聖堂に逃げ込む。二人の間に恋が芽生えたことを知ったカジモドは、これまで経験したことのない心の痛みを感じながらも、愛するエスメラルダのためにフィーバスをかくまう。フロローは、エスメラルダの隠れ家である“奇跡の法廷"を襲撃する計画をわざと漏らし、危険を知らせようとするカジモドとフィーバスの後をつけ、全員を逮捕する。幽閉されたカジモドは渾身の力で鎖をちぎると、大聖堂前の広場にはりつけにされたエスメラルダとフィーバスを助けた。フィーバスの訴えで民衆も立ち上がり、戦いがはじまる。エスメラルダを追って塔に上ったフロローは墜落し、炎の中に消えた。街には平和が戻り、人々に暖かく迎えられたカジモドは、今初めて外の世界への第一歩を踏み出した。

    ●感想●

    原作のラストが 好きなので

    若干 物足りないが、やはり素晴らしい!

    石像トリオ 万歳!!!

    | な行 | 18:36 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    ニュースの天才 ☆☆☆☆★

    ●監督● ビリー・レイ脚本

    ●出演● ヘイデン・クリステンセン、ピーター・サースガード、クロエ・セヴィニー、スティーヴ・ザーン

    ●あらすじ● 1998年、ワシントンD.C.。25歳のスティーブン・グラスは、アメリカ大統領専用機に唯一設置され国内で最も権威あるといわれる政治マガジン“THE NEW REPUBLIC”に勤める最年少の編集者。彼は斬新な切り口で身近な政財界のゴシップを次々とスクープしてスター記者へと成長していく。一方で、その驕らない人柄から社内外での人望も厚かったスティーブンだが、ある時彼の手掛けた“ハッカー天国”というスクープ記事が他誌から捏造疑惑を指摘されてしまう。そしてそれを機に、スティーブンの驚くべき事実が発覚していく…。

    ●感想● 実話。嘘に嘘を塗り固め、言い逃れる為に 架空のWEBサイトや名刺まで作り、弟に電話までさせて取り繕う。本当に 子供だなって思った。そんなの いつかバレるやろw

    伏線はあった。彼女(あるいは女友達)に、すぐに 『怒っているの?』 と不安そうに聞いて嫌がられていた。そして その子供っぽい言動は 職場でも繰り返されていた。

    とことん嘘をついて、現場検証で でっちあげてバレてしまったら、今度は逆ギレするし、もう観ていてイライラ!ほんと何やの あんたって感じw

    でも、こんな人間的にあかん奴を採用してしまった会社の責任なのだろうなぁ;;

    後釜編集長を演じた ピーター・サースガードが とっても良かった。ヘイデンは、眼鏡のせいか どう見ても アナキンには見えずw

    ってか私 眼鏡とか帽子とか恰好で 人の顔が 分からなくなってしまうのよね~;;

    よく 野球選手でも

    契約更改の時のスーツ姿で

    えええええっ こんな顔やったん!?
    …って思う事が しょっちゅう^^;


    しっかし、スティーブン・グラスが 面白おかしく書く才能はあるのだから、ピュリッツアー賞に こだわらず 最初から 小説家になっておけば良かったのに…って思ったら、

    『The Fabulist(うそつき)』という

    自身を題材にした小説を 出版。www

    | な行 | 15:13 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    2番目のキス ☆☆☆☆

    ●監督● ボビー・ファレリー、ピーター・ファレリー

    ●出演● ドリュー・バリモア製作、ジミー・ファロン、ジャック・ケーラー、アイオン・スカイ

    ●あらすじ● ビジネス・コンサルタント会社で働くリンジーと、生徒にバツグンの人気を誇る高校教師ベン。住む世界のまるで違う2人は、ある秋の日に出会う。リンジーは優しくてユーモアたっぷりの彼に好意を持つが、女友達からは「この年で独身なんて絶対変!とんでもない秘密があるんじゃない?」 と脅される。それでも彼との交際を始めたリンジーは3月のある日、ついに彼の秘密を知る。ベンは野球チーム「ボストン・レッドソックス」 の熱烈なファンだったのだ…!

    ●感想● まぁ、大阪バージョンで言えば

    恋した男が

    阪神私設応援団やった…ってな話やねw

    リンジーパパの スカンクの毛が面白かった!

    ドリューが、グラウンドに飛び降りて走り出した時、またもや 涙が;;

    レッドソックス命のスティーヴン・キングが 始球式で出て来ます^^

    | な行 | 17:26 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    ニードフル・シングス ☆☆

    ●監督● フレイザー・C・ヘストン

    ●出演● エド・ハリス、マックス・フォン・シドー、ボニー・ベデリア、J・T・ウォルシュ

    ●あらすじ● 秋の終わり、メイン州の小さな町キャッスル・ロックに、一軒の古道具が開店した。リーランド・ゴーントと名乗る紳士的な老主人は、野球好きのブライアン少年、町の有力者で公金横領をしているダンフォース、はみだし者の中年男ヒューをはじめ訪れた客に次々と、彼らの一番欲しがっているものを与え、代わりにある″悪戯″を指示する。町の住民たちは互いに悪戯を仕掛け、それが疑心暗鬼を生んで新たな猜疑心に発展し、誰もが他人を信用しなくなっていった。ついにブライアンの悪戯によって、日頃から仲の悪いウィルマとネティーが殺し合いとなって刺し違え、2人とも死ぬという事件が発生。保安官のアランは突如続発した一連の事件に不審を抱く。ブライアンは自責の念にかられ彼の目前でピストル自殺を図り、アランの恋人ポリーでさえもリーランドの虜になっていた。アランはリーランドの店の地下室で、彼が何百、何千年にわたって人類の悪行に手を貸してきた存在であることを知る。アランは狂気と混乱に陥った町に飛び出し、人々に争いをやめるように呼びかけ、人々は目を党ます。妻を殺して自暴自棄になって爆弾を抱いたダンフォースは、リーランドを道連れに吹き飛んだ。だが煙の中から平然と姿を現わしたリーランドは「また戻ってくる」と言い残し、車に乗って町を後にした。

    ●感想● 何でヒトラーや原爆などの 歴史的な巨大な悪の黒幕だった悪魔が

    片田舎の 人間関係を

    ぶち壊しに やって来るのさw

    おまけに、エド・ハリスは彼女とHする時、『非常に喜びを感じる』 とか何とか言っちゃってさ…

    ただの エロじじーやんw

    | な行 | 19:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    ネバーランド ☆☆

    ●監督● マーク・フォースター

    ●出演● ジョニー・デップ、ケイト・ウィンスレット、ジュリー・クリスティ、ダスティン・ホフマン、フレディ・ハイモア

    ●あらすじ● 1903年のロンドン。劇作家のジェームズ・バリは、新作『リトル・メアリー』の評判が悪く、失意のまま近所の公園へ散歩に出掛けた。そこで彼は、デイヴィズ一家と運命の出会いを果たす。母のシルヴィアに連れられた4人兄弟のうち、長男のジョージ、次男のジャック、末っ子のマイケルは無邪気に騎士ごっこに興じていたが、繊細な三男のピーターは遊びの輪から外れていた。ジェームズは一家と仲良くなり、再会を約束。それを知った彼の妻メアリーは、シルヴィアの母が社交界の名士であるデュ・モーリエ夫人であることから、デイヴィズ一家を夕食会に招待した。しかしジェームズはシルヴィア親子と仲良くなるばかりで、メアリーは嫉妬。夫婦仲が険悪になっていく一方、ジェームズはいつしかピーターに、幼い頃の自分を重ねるようになっていた。そんな彼の思いは、新作 『ピーター・パン』 の誕生へと結実する。だが、シルヴィアは不治の病を患っていた。『ピーター・パン』 の公演は大成功となるが、ジェームズはメアリーに別れを告げられる。ジェームズは、シルヴィアの自宅で『ピーター・パン』を上演。そして彼女の死去後、ジェームズは子供たちの後見人になるのだった。

    ●感想● 途中から、シルヴィアが どうやら病気らしいと発覚。そこから ずっと気になった事がある。

    子供が 4人もいるのに

    どうして病と 向き合おうとしないのか?

    考えられる事としては、亡くなった夫と同じ病気で どう あがいても助からないので 検査や入院などをせずに 子供たちのそばに 少しでもいたい…かな。

    でも でも 母親なら、この子達の為に生きねば!と 強く思うものではないのだろうか。

    どうも 病気に対して後ろ向きで それが少しイライラした。

    あの憎たらしかった祖母が真っ先に手を叩いた事、25席の招待客が施設の子供たちだった事、ラストで あのピーターが 『会えたよ』 って言ったところは良かったが、何かどうも イマイチ感動しない。
     
    ジョニデも フレディ・ハイモアも上手いし、映像も音楽も お話も美しいのに 何でじゃ! と考えあぐね はたと思い当たりました。

    元々 ピーターパンが好きじゃなかった…

    ピーターパンと聞くと あのディズニーのピーターパンの顔が浮かぶのですが、生理的に好きじゃないのですよね^^;

    空想の世界が信じないと滅んでしまう…っていうのは 大好きなのですよ^^ ネバーエンディングストーリーは 神様ですもの。やっぱり、あのディズニーピーターパンの顔のせいだ(>_<)

    | な行 | 13:03 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    20世紀少年 ~もう一つの第2章~ ☆☆☆

    ●監督● 堤幸彦

    ●出演● 豊川悦司、常盤貴子、平愛梨、香川照之、木南晴夏、藤木直人、石塚英彦、小日向文世

    ●あらすじ● 西暦2015年。2000年に起こった「血の大晦日」 は、ケンヂたちが行ったものとされ、それを阻止した“ともだち”は世界の救世主として崇められていた。ケンヂの姪、カンナは高校生に成長し、学校で習う「血の大晦日」 に憤りを感じていた。そんなカンナは学校で問題児扱いされ、「ともだちランド」 に送られることに。それは、社会のルールからはみ出した人間を洗脳する施設だった。

    ●感想● 第一章の時より、筋や人間関係が分かっているので、その分面白かった。でも、やはり映画化するにあたって、実写は どうかと思う。原作とキャラがそっくりらしいから、そういう点では楽しめるだろうけど、漫画は実写にすべきではなく アニメにすべきだと思います。

    ボーナスステージで、屋上でハットリくんお面が アーメンソーメン冷ソーメンって唱えているのは 本当に怖かった。得体の知れない 恐ろしさを感じました。

    しかし、一転

    ともだちが あの覆面姿で

    ハロハロ音頭を 歌っているのを見た時に

    私は 心の底から 気の毒に思いました。

    こいつ、孤独なんだ;;

    子供の時から ずっと孤独なんだ。

    この先も ずっと孤独なんだって。


    原作は知りませんし、どういう種類のお話か(ともだちの正体を暴くミステリーなのか サスペンスなのか アクションなのかetc) 知らないけど、私には 一人の少年の孤独を描いた 可哀想な お話に思えてなりません。

    あとは、小池栄子が はじけていたなw

    | な行 | 19:56 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    20世紀少年 -第1章- 終わりの始まり ☆☆

    ●監督● 堤幸彦

    ●出演● 唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子、香川照之、石塚英彦、宇梶剛士、宮迫博之

    ●あらすじ● 1969年。小学生のケンヂは、同級生の仲間たちと原っぱに秘密基地を作り遊んでいた。彼らは、20世紀の終わりに人類滅亡を企む悪の組織とそれを阻止する正義の味方といった物語を空想しては、それを“よげんの書”に書き記し、楽しんでいた。1997年。大人となったケンヂはコンビニを経営しながら、失踪した姉キリコの赤ん坊カンナの面倒を見ていた。その頃、巷では謎の教団を率いる正体不明の教祖“ともだち”が出現、各地で不穏な事件が起き始める。やがてそれが少年時代の“よげんの書”にそっくりなことに気づくケンヂ。20世紀の終わりが迫る中、ついにケンヂはかつての仲間たちと共に人類滅亡の阻止に立ち上がるのだったが…。

    ●感想● 普通に観ていたら、子供の時に 仲間に入れて欲しそうにしていた サダキヨって子が 『ともだち』 で、あの時遊んでもらえなかったから、大掛かりな復讐しているようにしか思えない…。

    だけど、そんな単純ではないのだろうなぁ;; ケンヂの別人格とかかな?

    | な行 | 15:34 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    ナイト ミュージアム ☆☆☆★

    ●監督● ショーン・レヴィ製作

    ●出演● ベン・スティラー、ロビン・ウィリアムズ、ディック・ヴァン・ダイク、カーラ・グギーノ

    ●あらすじ● NYに住むラリーは、妻に愛想をつかされて離婚、最愛の息子ニッキーは新しい父親にすっかりなつき、しかも失業中の身だった。自然史博物館の夜警の仕事に就いたラリーは、先輩の老警備員セシルから仕事を引き継ぎ、勤務初日を迎える。夜の12時、見回りを始めたラリーは、誰もいないはずの展示室から不思議な物音を聞く。音のする方へ行ってみると、なんとティラノザウルスの全身骨格が廊下の吸水機から水を飲んでいた。それだけでなく、モアイ像や原始人、動物たちや西部開拓時代のジオラマなど、博物館の展示物が次々と生き返り、勝手気ままに動き出していた。第26代アメリカ大統領セオドア・ルーズベルトから、この博物館内の展示物は夜になると生命を得ると聞き、唖然とするラリー。そして夜明けになると、彼らは元の場所へと戻っていった。女性館員レベッカに展示物について尋ね、歴史を勉強し、備品や秘密兵器を携えてラリーは夜に備える。二日目の夜、準備の甲斐がありティラノザウルスやジオラマ対策も万全だったが、猿のデクスターに鍵束を取られてまたも博物館は大混乱に。惨状を見たボスのマクフィー博士はラリーに首を宣告。しかもその場をニッキーに見られてしまう。懸命の説得で首をまぬがれたラリーは、ニッキーをその晩、博物館に招待して信じられない光景を見せてやろうとする。奇しくもその夜、ある計画が企てられていた。セシルが警備員仲間とともに、博物館の希少な骨董品を盗もうとしていたのだ。ラリーは展示物たちと力を合わせてセシル一味を退治し、ニッキーの尊敬も勝ち取るのだった。

    ●感想● 3老人に倒されて 『こんな展開になるとはね;;』 と言うラリー。

    私も、一人が鍵のコピーを取っていた時に 何かありそう…とは思ったけど、ディック・ヴァン・ダイクとミッキー・ルーニーまで悪いとは思わず、ビックリしちゃった。

    本当に こんな展開になるとはね…だわw

    ジェデダイアと オクタヴィウスが 良かったなぁ^^

    マッキカッカ!

    | な行 | 16:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT